スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃんに初カミナリ!早大・応武監督
2007 / 02 / 07 ( Wed )
斎藤佑樹(中央)は早大応武監督(左)のノックでグラブトスする
斎藤佑樹(中央)は早大応武監督(左)のノックでグラブトスする



 佑ちゃんに、初カミナリが落ちた。早大の練習に参加中の早実・斎藤佑樹投手(18)が6日、初めて早大グラウンドのマウンドに立ち、投内連係プレーの練習に参加。今年初めて直接ノックした指揮官、応武篤良監督(48)から、熱い指導を受けた。
 午前10時から約15分間、投手陣もポジションにつくチーム形式のノックが行われた。その終盤、投ゴロをグラブトスで捕手に送球する際に、応武監督の声がグラウンドに響いた。「斎藤!」。帽子を取り、直立不動でアドバイスを聞き入った斎藤が再びマウンドにダッシュして、再チャレンジ。グラブの先に引っ掛けるようにするトスを「グラブの真ん中からボールを押し出すようにしないとキャッチャーが捕りにくい」と指導された。
 先週までに早大の試験期間が終わり、この日から1日練習が開始になった。より実戦に近いメニューになり、2季連続Vを目指す春のリーグ戦に向け、本当の勝負の始まりともいえる。応武監督は「最初だし緊張したんでしょう。練習は失敗するところ。人間だからミスはある」と話す。愛情込めた指導は、お客さん的存在だった高校生の斎藤が、チームの一員になった証しでもあった。
 斎藤は、高校時代について「最上級生になってからはあまり怒られていないけど、下級生の時はよく怒られてました」と気を引き締める。応武監督は「ミスした時にマウンドでハンカチを使うぐらいの余裕が欲しいね」とニヤリ。ほかの部員同様、熱い指導で未来のエースを育てていく。【前田祐輔】

最終更新:2月7日10時2分 日刊スポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
10 : 02 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<斎藤に初カミナリ!でも、きっちり修正 | ホーム | 斎藤に初カミナリ落ちた!応武監督が“優等生”に愛のムチ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/977-0cec65cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。