スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
斎藤に初カミナリ落ちた!応武監督が“優等生”に愛のムチ
2007 / 02 / 07 ( Wed )
初めて怒られてもニュースに・・・すごいなぁ・・

 王子にカミナリが落ちた。早実・斎藤佑樹投手(18)は6日、西東京市で行われている早大の練習に参加。今年初となる投内連係練習で、応武篤良監督(48)からグラブの使い方について厳しく注意された。甲子園では優等生の『ハンカチ王子』も、大学では新入生。今後も監督の愛のムチが飛びそうだ。

 おだやかな陽気となった東伏見の早大グラウンドに、怒号が響いた。投内連係練習で、初めて早大のマウンドに立った斎藤。大学初の“カミナリ”は、スクイズを想定した投前ゴロの送球練習で、最後の1球となるはずのゴロを捕手へグラブトスした、まさにその時に落ちた。

 「斎藤っ! もう1回だ!!」。一瞬、その場が静まり返る。大声の主はもちろん応武監督。斎藤は帽子を取って直立不動だ。「ドキッとした? まぁ、ハイ…。(投内連係は)最初は緊張しました」。それまでバント処理やベースカバーなどを無難にこなしていた斎藤も、さすがに恐れをなした。

 すぐさま、応武監督から怒った理由が説明された。「グラブの真ん中でボールをとって、押し出すようにしないと。捕手がとりづらいんだよ」。グラブの網の部分を使ってヒョイとボールを送球した斎藤のプレーは、軽すぎるというわけだ。日本代表の捕手としてソウル五輪にも出場した応武監督は、基本の徹底を強調した。

 当然、これは即戦力となる斎藤への期待の表れでもある。「練習はミスするところ。初めて野手と合わせましたから。そりゃ緊張しますよ」。応武監督は斎藤の立場は理解している。ただし、容赦するわけではない。「これまでは(早実の)授業優先でしたけど、これからは(甘えは)許しません」。いよいよ早大の一員として、厳しい目を向けていくのだ。

 優等生のイメージがある斎藤だが、早実では「下級生のころは結構怒られていました」という。久しぶりの怒声に気を引き締め直したこの日は、ブルペン入りせずに遠投。「最近は(ブルペンで)多めに投げていたので、フォーム(修正)を意識しながらやった」と調整を続けた。

 これからは全員参加の終日練習が行われ、春のリーグ戦に向け、生き残りをかけた勝負となる。「ミスしても、ハンカチを使うぐらいの余裕がないと」という応武監督の期待に応えたとき『ハンカチ王子』が、神宮のマウンドに立つ。

最終更新:2月7日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃんに初カミナリ!早大・応武監督 | ホーム | 斎藤~っ!佑ちゃんに初カミナリ!…スクイズ処理失敗で応武監督が一喝 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/975-12d238b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。