スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん開幕ベンチ当確!応武監督「上級生と対等に出来る」
2007 / 02 / 03 ( Sat )
 佑ちゃん“開幕1軍”当確! 早大の練習に参加している早実・斎藤佑樹投手(18)が2日、東京・東伏見の早大グラウンドで、今年初めて捕手を座らせての本格的な投球練習を行った。ブルペンで見守った応武篤良監督(48)は「十分、上級生と対等にできる力がある」と春季リーグ戦のベンチ入りに、事実上のGOサイン。斎藤は習得中の“工藤カーブ”を武器に、神宮のマウンドを目指す。

 気温5度。前日1日と比べ9度も冷え込むブルペンで、斎藤が荒々しく右腕を振った。早実での女房役・白川英聖を中腰に立たせ26球、さらに今年初めて捕手を座らせて39球。白球が乾いた音を響かせ、次々とミットに収まっていく。低めを意識し、計65球。「調子は去年の夏に比べて半分ぐらい。例年より仕上がりは早いです」気持ちよく汗をぬぐった。

 ブルペンを実験場にした。指先の感覚に神経を研ぎ澄ませ、スライダー、フォーク、ツーシームと自在に操った。そして握りを何度も確認しながら、習得中の新球、縦のカーブを投げ込んでいった。「カーブで有名なのは工藤さん。カーブも武器にしていきたい」プロ通算215勝を誇る球界最年長左腕の軌道を、理想型にイメージ。“工藤カーブ”のマスターを、大学での必修科目に挙げた。

 大学初の本格投球を見守った指揮官も、その潜在能力に改めてほれ込んだ。「思っていたよりいい。十分、上級生と対等にできる力があることが分かった」けがなど不測の事態がない限り、春のリーグ戦でのベンチ入りに“当確”ランプを点灯させた。さらに「沖縄にも行きまっせーッ!」と、来月4日からの浦添キャンプ35人枠入りにも再び太鼓判。実力至上主義の生存競争を勝ち抜き、先発切符を奪い取れる逸材だと、確信を深めた。

 ライバルは意識しない。楽天・田中がキャンプ初日、ブルペンで59球投げたことを知った。「それなりに仕上がっていると思う。頑張って欲しい」エールを送る一方、自らのピークは浦添キャンプに照準を絞り、マイペースを貫く。「不安は全くない。今から楽しみという気持ちが大きい」冬の鍛錬で進化した王子が、春の神宮を席巻する。

 ◆応武監督が馬耳東風指令 応武監督が斎藤に“馬耳東風指令”を発令した。現在の投球フォームを「甲子園優勝など、いろいろ経験して出来上がったフォーム」と評価した上で、「彼が自分で考えたフォームなら、直さない勇気も必要。十人十色の意見を聞いていたら、まとまるものもまとまらない。意見を聞くようなフリをして、聞かないのも必要」と、OBなどのアドバイスをあえて聞き流し、斎藤自身の信念を貫くことをすすめた。

 ◆早大オープン戦日程 早大野球部は2日、今春オープン戦の予定を発表した。3月17日の山梨学院大から始まり、4月8日のJFE東日本戦まで21試合を消化。4月7日には今秋ドラフトの目玉右腕・大場翔太(21)を擁する東洋大との一戦も組まれており、スカウトの注目を集めそうだ。

最終更新:2月3日8時50分 スポーツ報知

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 

スポンサーサイト
08 : 50 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん4・14東大戦デビューか | ホーム | 斎藤4・14開幕投手あるぞ!早大・応武監督が示唆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/965-f58a6db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。