スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハンカチ王子は野茂2世!早大・応武監督「ズドーンとくる」
2007 / 01 / 31 ( Wed )
〔写真:斎藤は野茂2世!? 早大・応武監督が投球練習を行った斎藤をベタ褒め〕
〔写真:斎藤は野茂2世!? 早大・応武監督が投球練習を行った斎藤をベタ褒め〕



なにもこの写真でなくとも・・!


 ハンカチ王子は野茂2世だ!! 早実・斎藤佑樹投手(18)は30日、東京・西東京市の早大グラウンドで早大野球部の練習に参加。投球練習を見守った早大・応武篤良監督(48)が、88年ソウル五輪の同僚・野茂英雄投手(38)に例えて絶賛した。2月2日から捕手を座らせる予定の斎藤は、徐々にその右腕を仕上げていく。

 メガネの奥の鋭い視線が、ずっと斎藤に向けられていた。東伏見の早大グラウンドのブルペン。『捕手を立たせたまま50球』を見守った応武監督の声が、興奮で思わず上ずった。

 「捕手に近いところで(斎藤のボールを)見ていたんですけど、野茂の球に近いですね。ズドーンと重そうな球が来る。フォークもビシビシきてましたよ」

 アマ野球の世界レベルを知る指揮官が、最大級の評価だ。新日鉄広畑時代、捕手として88年のソウル五輪に出場。当時の日本代表エースで、実際に自分がボールを受けた20歳のときの野茂と、現在の斎藤とをダブらせたのだ。


 もともと低めのコントロールは抜群の斎藤。その上で球威と変化球のキレが“野茂並み”なのだから、怖いものはない。応武監督は今春のリーグ戦で登板させることをにらみ、捕手を座らせての投球練習開始を決断した。「寒かったら変更するかもしれませんが(2月)2日に投げさせます。本人とも『先週よりペースを上げよう』と話をしました」。その口ぶりからすれば、春のベンチ入りは“当確”だ。

 それでも本人はいたってクール。いま何をすべきかを自覚して、この日は「監督からボールを抜くことを教わった」カーブを中心に、フォームを確かめた。さらには「下半身を鍛えたいですね。時間があったら(早大の)室内練習場で自主練習したり、ジムにも通いたい」と今後の課題をあげてみせた。

 「下半身」といえば、やはり野茂を思い出す。このスーパー右腕がトルネード投法を駆使して日米通算201勝(155敗)を挙げられたのも、大きくて強じんな下半身を持っていたからこそ。斎藤が肉体改造に成功すれば、神宮球場のマウンドだけではなく、4年後のプロ、究極の目標とするメジャーでも活躍できることだろう。

 「多少の疲れはたまっていますが問題ありません。自分の体は自分が一番わかっています。調子がよければ多く投げたりすると思います」。徐々に感覚を取り戻してきた斎藤はフリー打撃登板など、実戦的な練習も行っていく予定。高騰する『ハンカチ王子』株の今後が、ますます楽しみになってきた。

最終更新:1月31日8時1分

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
スポンサーサイト
08 : 01 : 01 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<早大が「佑ちゃんカプセル」導入へ | ホーム | 早大、佑ちゃん愛用ベッカムカプセル導入へ…アマでは異例>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/954-d5e68499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。