スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん、開幕1軍へ第1関門通過
2007 / 01 / 29 ( Mon )
斎藤はOBの広岡氏と共に室内練習場に入る(撮影・蔦林史峰)
斎藤はOBの広岡氏と共に室内練習場に入る(撮影・蔦林史峰)



 佑ちゃん、第1関門通過へ-。早大の練習に参加中の早実・斎藤佑樹投手(18)が3月初旬の沖縄・浦添キャンプに帯同する可能性が高まった。28日、応武篤良監督(48)が前向きな発言を行った。浦添キャンプには35選手が参加する予定で、25人の開幕ベンチ入りメンバーを選考する第1関門になる。この日、斎藤は東京・西東京市東伏見の同大グラウンドで練習を行い、OBの広岡達朗氏(74)からフィールディングの秘密特訓を受けた。
 佑ちゃんの浦添キャンプ帯同が現実味を帯びてきた。35人の参加選手から、ベンチ入り25人を選ぶサバイバルキャンプ。まだキャンプインまで1カ月以上あり、現段階で参加決定選手はいない。100人を超える他部員の士気にも影響するため、応武監督は言葉を選びながら斎藤への高い期待を口にした。「単純に25人選ぶためだけじゃなくて、下級生は将来もある。(斎藤は)将来早稲田のエースナンバー『11』をしょって立つ期待もある。なるべく連れて行きたい気持ちはある」と話した。
 決して斎藤を特別視するつもりはない。競争を勝ち抜いてのメンバー入りを期待する。ただここまで順調な調整を続ける斎藤への評価が日に日に高まっているのも事実だ。この日は3日連続でブルペン入りした。立ち投げで31球。力のある直球にカーブを交え、徐々にペースアップしている。キャンプメンバー入りについて、「もちろん選ばれたい。最初の関門だと思います」と力を込めた。
 30日以降は球数を倍の50~60球に増やす予定。応武監督は「2月1日ごろにはキャッチャーを座らせて投げてもらう」と本格投球を始めることを明言した。これまでケガを恐れてスローペース調整を指示していた指揮官からゴーサインも出た。キャンプメンバー入りから、神宮デビューへと競争は続く。周囲の期待に、斎藤が実力で応えてみせる。【前田祐輔】


最終更新:1月29日10時13分 日刊スポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
10 : 13 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃんよ、“宮本カメラ”で学べ! | ホーム | 斎藤“広岡塾”入塾!「吸収能力が高い」守備の達人が絶賛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/949-efb57c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。