スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早実佑ちゃんにメッツが熱視線
2007 / 01 / 28 ( Sun )
ノックを落球し悔しそうな表情を見せる斎藤(撮影・水谷安孝)
ノックを落球し悔しそうな表情を見せる斎藤(撮影・水谷安孝)



 メジャーも佑ちゃんに興味津々だ。メッツ大慈弥功・環太平洋担当本部長(50)が27日、東京都西東京市の早大グラウンドで同大の練習に参加中の早実・斎藤佑樹投手(18)を視察した。スムーズな腕の振りと安定した投球フォームを絶賛し、4年間密着マークすることを明かした。斎藤もメジャー志向を明確にした。
 斎藤がメジャーと“初接触”した。メッツ大慈弥スカウトが西東京市の早大グラウンドを訪れ、応武篤良監督(48)にあいさつを行った。
 これまで巨人、日本ハム、ソフトバンク、横浜、オリックス、阪神、ロッテがあいさつしているが、メジャーは初。大慈弥スカウトは「昨年の甲子園も見ているが、僕が一番好きなタイプの投手。無駄のない理想的なフォーム」と絶賛した。
 斎藤はこの日、2日連続となるブルペンで、捕手を立たせた状態で30球の投球練習を行った。軸足を折る独特のフォームから力のある直球を投げ込んだ。応武監督は「投げるほど良くなっている。さすが“連投君”ですね」と感心しきり。


 見守った大慈弥スカウトも及第点をつけた。メッツ投手コーチのリック・ピーターソン氏から理想の投球フォームを伝授されている。メッツ式チェックポイントの<1>腕の振り<2>バランス<3>姿勢のすべてが理にかなっているという。今後は体づくりが重要になる。大慈弥スカウトは「4年間で大人の強い体をつくれば、身長は気にしなくていい。大丈夫でしょう」と、4年後のメジャー入りへ太鼓判を押した。
 斎藤もメジャーへの思いを口にした。練習終了後、メッツのスカウトが視察していたことを聞くと、「えっ、本当ですか?」と素直に喜んだ。
 小学校の卒業文集で将来の夢は「ヤンキースでプレーする」と書いた斎藤。その思いはより具体的になっているようだ。「目標はメジャーだと思っている。それを頭の片隅に入れてやっていけば、向上できると思う」と話した。
 現在メジャー球団は日本のプロとの紳士協定で、ドラフト指名される選手を指名することはない。だが、仮に斎藤がドラフト指名後、入団拒否した場合は4年後、直接メジャーもあり得る。大慈弥スカウトは「自分を一番評価してくれる球団に行けばいい」とニヤリ。日米間での斎藤争奪戦もぼっ発しそうだ。【鳥谷越直子】

最終更新:1月28日10時2分 日刊スポーツ


ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
10 : 02 : 00 | 斎藤佑樹くん 進路関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<斎藤ビックリ!勘違いで消防車来た | ホーム | メジャーが視察に来た!ハンカチ王子にメッツスカウトぞっこん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/945-f9f24bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。