スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
斎藤、初ブルペンで36球!ライバル・田中を見て刺激受けた
2007 / 01 / 27 ( Sat )
 早大への進学が内定している早実・斎藤佑樹投手(18)が26日、西東京市の早大グラウンドで初めてブルペンでの投球練習を行った。27日に自主トレを打ち上げる楽天の高校生ドラフト1巡目ルーキーの田中将大投手(18)=駒大苫小牧=に対してのライバル意識を強調した“ハンカチ王子”。春のリーグ戦に向けて、いよいよ本領発揮だ。

 雲ひとつない冬晴れの下で、糸を引くような速球がミットにおさまる。東伏見の早大グラウンドのブルペン。ついに斎藤が立った。

 「(優勝した昨夏の)甲子園に比べたら7、8割にも達しませんが、久しぶりに投げられて気持ちよかったです。今までためていたものが出せて、スッキリしました」

 およそ1カ月ぶりに投球練習を行った斎藤。07年の“初投げ”は捕手を立たせたまま36球。当初は30球の予定だったが、志願してさらに6球投げ込んだ。スライダー、フォーク、ツーシームなど変化球も織り交ぜ、投球練習を見つめた早大OBの広岡達朗氏(74)=巨人軍OB会副会長=も「球はいいですよ。素晴らしい」と称賛した。



 練習後は笑顔を見せた斎藤だが、楽天入りした田中(駒大苫小牧)の話になると表情は一変。真夏の甲子園決勝で激突したライバルが、沖縄・久米島キャンプに向けてハイペースで調整を続けていることを知っているからだ。斎藤は「これから同じ時期にオープン戦が始まるので、自分は大学で活躍していこうと思います。田中はプロなのでテレビでしか見られませんが、切磋琢磨して成長していけたらいいです」。いまもライバル意識を持っていることを、改めて強調してみせた。

 そして『ハンカチ王子』も復活させる。一度は自粛すると決めたハンカチ使用だが「必要になれば(ハンカチを)使うと思います。汗をかけば使うし、自然にやっていきたい」と明言。神宮でもマウンド上で顔の汗をぬぐうしぐさが再び見られそうだ。

 「今は体を絞り込むことが一番。暖かくなるにつれて球数も増やしていきたい」。やっと自らの右腕にGOサインを出した斎藤。誰もが認めるタフな投球を披露するのはこれからだ。

最終更新:1月27日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
スポンサーサイト
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん厳戒36球…早大初ブルペン | ホーム | 斎藤 07年初投げ100球!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/936-48d0d99c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。