スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早大野球部“佑ちゃん調査団”派遣へ
2007 / 01 / 25 ( Thu )
入念にストレッチをする早実・斎藤佑樹=東伏見・早大グラウンド
入念にストレッチをする早実・斎藤佑樹=東伏見・早大グラウンド



ものすごい格好だね・・

 早大野球部が春季キャンプ(3月4~16日)を行う沖縄県浦添市に、キャンプ開催前に“先乗り調査団”の派遣を検討していることが24日、明らかになった。
 早大は03年から同市の浦添市民球場でキャンプを行っている。球場は敷地内にメーン球場、ブルペン、室内練習場が隣接し、選手は各所の間を歩いて行き来していた。また、一般の人も歩くメーン球場の外周は、投手陣のランニング場所だった。
 しかし今年は早実・斎藤佑樹投手(18)の入部で、大フィーバーが想定される。佑ちゃんが歩いて移動するなどすれば、ファンが殺到して事故が起こる可能性もある。一般の人が歩く道をランニングさせるわけにもいかない。また、これまである程度は出入り自由だったブルペンなども、ファン殺到に備えてロープで仕切るなどしなければならない。
 そのために、あらためて“実地検分”する必要が出てきた。早大関係者は「マネジャーなどが一度、現地へ行って視察しなくては」と話す。先乗り要員を派遣し入念な下見を行い、球場側とも直接話し合う方針だ。
 現在、佑ちゃんが練習する早大グラウンドでも、報道陣との境界線を示す柵や、外からの目隠しなどさまざまな手を打った。キャンプでも同様に、具体的対策へまずは現地へ乗り込む。


最終更新:1月25日11時6分 デイリースポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
スポンサーサイト
11 : 06 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<斎藤 早大でじっくり基礎練習 | ホーム | “ハンカチ王子”斎藤、初ブルペンへ向け念入り調整>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/923-d52d4d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。