スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早大に“佑ちゃんネット”が登場
2007 / 01 / 21 ( Sun )
 早実・斎藤佑樹投手(18)が練習を行っている西東京市の早大グラウンドに20日、“佑ちゃんネット”が登場した。グラウンドへの入場を規制されたファンが、道路上から中をのぞき見していた際に自転車と接触するアクシデントがあったことを受けて大学側が設置に動いたもの。幅50メートル、高さ2メートルのネットが佑ちゃんへの視界を遮った。
 多数の見学者の来場が見込まれる土曜日。混乱を避けるために、平日は許可されていたグラウンドへの一般ファンの立ち入りが禁じられたが、大学側はさらなる手を打っていた。
 グラウンドに隣接する道路に架かる溜淵橋の上は、わずかに場内の様子がうかがえる佑ちゃんウオッチングの“穴場”だった。だが、そこからの視界を遮るネットが、前夜のうちに張られたのだ。
 19日午後、その場所からウオッチングしていたファンが、通行中の自転車と接触し転倒するアクシデントが発生。幸い大事には至らなかったものの、事態を重く受け止めた大学側は、車との接触事故などを防止するため、“佑ちゃんネット”の設置を決定。
 前夜のうちに業者6人が、鉄パイプに高さ約2メートル、幅3メートルの緑色の塗装用防護ネットをつなぎ合わせて、入り口付近から約50メートルにわたる“目隠し”ができあがった。
 その効果か、橋の上には静寂が戻った。応武監督は「大惨事にならなかったからよかったが、これ以上のことが起きたら大変ですから」とホッとした様子。
 また、これまで選手は公道を通って寮と行き来していたが、河川工事の関係もあり、4月にはグラウンド内部から合宿所へ直通する“橋”も架かる予定。道路上で斎藤がもみくちゃにされることもなくなる。
 目隠しに守られた?佑ちゃんは、午前9時から日が暮れるまで練習。阪神・菊地スカウト、中尾スカウトも見守る中、寒さに負けずハツラツと動き回った。


最終更新:1月21日10時35分 デイリースポーツ
スポンサーサイト
10 : 35 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<早大引いた!!佑ちゃんカーテン…公道からの見物防止 | ホーム | 「佑ちゃん橋」誕生の可能性も>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/912-5c424f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。