スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
斎藤フィーバーここまで来た!早大グラウンドに“王子のカーテン”
2007 / 01 / 21 ( Sun )
 『王子のカーテン』出現だ!! 西東京市の早大野球部グラウンドに20日、緑色のシートを張られた防御ネットが完成。前日19日にグラウンド脇の道で、早実・斎藤佑樹投手(18)めあてのファンと自転車との接触事故が起きたことで、早大が急きょ設置した。大学での第一球を投げる前からこの過熱ぶり。末恐ろしい人気だ。

 “ハンカチ王子”斎藤の姿が、ファンの視界から消えた。東伏見の早大グラウンドに突如現れた“王子のカーテン”。道路脇から練習風景をのぞけるすき間が、ピシャリと遮断された。

 「きのう接触(事故)があったので、道路で人をたむろさせないよう、大学側が急きょネットを作ったようです。(接触が)自転車と大人だったからまだよかったけど、車だったり、小さい子どもだったら危ないですからね」

 応武篤良監督(48)も渋い顔をするしかない。土、日はもともとスタンドを開放しないことになっていたが、前日に起きたアクシデントが、ファンの楽しみを完全にシャットアウトした。

 事故が起きたのは19日午後1時頃。練習を終えた斎藤を見ようとグラウンド出口付近に約20人のファンが集まり、通り過ぎようとした自転車運転の年配の男性とファンがぶつかったのだ。



 幸い双方にけがはなかったが、早大側は斎藤人気が事故の原因になったことを問題視。ファンの“出待ち”やのぞき見をなくすため、カーテン設置に踏み切った。工事は19日の午後4時ごろから約5時間かけて行われ、高さ約3メートル、2つ合わせて全長約50メートルの緑色のシートで作られた“王子のカーテン”が完成した。

 さらに、この日は警備員が「危ないから、たまらないでください」と注意を呼びかけたため、グラウンド付近に長時間滞在するファンはまったくいなくなった。

 そして、実は他の場所でも“事故”の予防策が進んでいる。これまで、練習後はグラウンド脇の階段を使って安部寮へ戻っていたが、改修工事が行われることもあり、寮とグラウンドを直結する橋の建設を大学側に要望しているという。

 「100人の部員が道路を歩くと邪魔になるでしょう」と応武監督は説明。早実の先輩・荒木大輔がヤクルト入りしたときとも重なるフィーバーぶりだが、王子の人気は収まるどころか加熱するばかりだ。

最終更新:1月21日8時1分 サンケイスポーツ
スポンサーサイト
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本ハム・ダルビッシュ過ゲキ!ダメ出し | ホーム | 斎藤 25日にも07年初ブルペン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/908-13bb6bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。