スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ヤクルト増渕、佑ちゃん世代はすごい
2007 / 01 / 17 ( Wed )
新人合同自主トレで初めてブルペン入りした増渕(撮影・沢畠功二)
新人合同自主トレで初めてブルペン入りした増渕(撮影・沢畠功二)



 佑ちゃん、マー君世代のもう1人の大物もベールを脱いだ。ヤクルトの高校生1巡目ルーキー増渕竜義投手(18=鷲宮)が16日、埼玉・戸田グラウンドで初のブルペン入り。六分程度の力ながら、威力ある直球を投げた。視察した2軍の伊藤智仁投手コーチ(36)山部太投手兼トレーニングコーチ(36)も太鼓判を押した。すでに1軍キャンプスタートが決定しており、最速149キロ右腕が黄金世代の出世頭を目指す。
 佑ちゃん世代には、増渕もいる。新人合同自主トレ第2クール初日、早くもブルペンに入った。立ち投げながらも、山部コーチ、阿部ブルペン捕手相手に直球のみ約40球。サイドスローから腕を振り抜くと、同コーチのグラブが乾いた音を響かせた。伊藤コーチは「真ん中にくるボールがホップしてくる。すごい。すごい」と思わずうなった。
 ボールを受けた山部コーチは言った。「クセ球なんで打つのが大変かも。右打者の内側はシュートするし、外側はスライダーするので、一番打ちにくい球筋じゃないですか」。初投げ、かつ全力ではないため、球速は140キロには満たない。それでも勢い、キレにプロのコーチも目を見張った。
 高校時代とは明らかに違うハイペースにも、戸惑いはない。例年、気候が暖かくなる春先にブルペン入りする。「初めてなので、あまり良くなかったですけど、球自体は悪くなかったです。力? 6割ぐらいです」と冷静に振り返った。
 甲子園組の斎藤佑樹(18=早実)楽天田中ばかりが注目される。「別に意識しないですよ」とマイペースを貫く。1軍キャンプにしがみつけば、オープン戦も見えてくる。「できれば投げてみたいです。そこまでいくのに恥じないように練習したいです」と控えめながらも、目標を掲げた。チームでは89年の岡以来の高卒新人のオープン戦デビューを目指す。【沢畠功二】


最終更新:1月17日10時2分

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
スポンサーサイト
10 : 02 : 00 | 06甲子園メンバー★プロ野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マーくんは趣味のボウリング封印 | ホーム | 脱ハンカチでニュー佑ちゃん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/884-248315e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。