スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃんV宣言!ビッグマウス王子、頼もしいね早大初練習
2007 / 01 / 14 ( Sun )
早大野球部の練習に参加し、ランニングする斎藤佑(右)。先頭になって同級生を引っ張った
早大野球部の練習に参加し、ランニングする斎藤佑(右)。先頭になって同級生を引っ張った



 昨夏の甲子園で全国制覇した早実・斎藤佑樹投手(18)が13日、東京・西東京市の早大グラウンドで行われた同大学の練習に早実のチームメートら11人の入部予定者とともに初参加した。43社、110人の報道陣が殺到する中、12キロ走などのメニューをクリア。練習後、公の場では昨年10月の兵庫国体決勝以来となる取材に応じ「昨年のジャパンの仲間に負けないようにしたい」とプロ入りした同期へのライバル心をのぞかせ、「春のリーグ戦でベンチ入りして春、秋と連覇したい」と早大の黄金時代を築くことを宣言した。

 決意を新たに、引き締まった表情できっぱりと言い切った。「春のリーグ戦でベンチ入りして、昨年の秋に続いて春、秋と連覇したい」早大の練習に初合流した佑ちゃんが、3連覇、4連覇と早大の黄金時代を築き上げることを宣言した。

 真っ白い練習用ユニホームの胸と背中に「斎藤」の文字。午後零時45分、無数のシャッター音が鳴り響く中、あこがれのワセダのグラウンドに足を踏み入れた佑ちゃんは、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ甲子園優勝投手から、1人の新入部員になっていた。

 体重が約2キロ増えたというように“ハンカチ王子”の腰回りは少し太め。それでも、ウオーミングアップ、約70メートルのキャッチボールをこなすと、いきなりの12キロ走も12人の入部予定者中、3位の好成績。「個人としてランニングもやってきた。驚くほどの内容でもなかったです」。昨年10月4日の兵庫国体決勝戦以来、101日ぶりの公の場での肉声だったが、そのクールさは変わっていなかった。

 昨夏の甲子園、昨秋の国体と決勝で投げ合ったライバル、駒大苫小牧・田中将大(楽天)がプロ入りする中、斎藤は「野球だけの人生にしたくなかった」と早大進学を選択した。「去年、同じジャパンのチームでやった仲間が活躍している。それに負けないように大学の4年間を充実させたい」。この日は名前こそ出さなかったが、田中へのライバル心を言葉ににじませた。

 練習を見守った応武篤良監督(48)が「(斎藤が)ゲストでいられればいいんだけど…(その余裕がない)」と話すように、主力が多く卒業したため現有戦力だけでの連覇は難しい。MAX149キロの速球と絶妙な制球力を持つ新人右腕にかかる期待は大きく、今春のリーグ戦でいきなりの先発デビューも十分、あり得る。

 昨秋のリーグ戦を制した早大だが、これまでの最多連覇記録は和田毅(ソフトバンク)、鳥谷敬(阪神)らを擁し、02年春から03年秋かけて達成した4連覇。自らの右腕で常勝軍団を築き上げ、4年後、ライバルの待つプロの世界へ飛び込んでいく。

 ◆東京六大学の連覇 4連覇が最高で、これまで法大(3度)、明大、立大、早大が記録している。慶大は71年秋から72年秋の3連覇が最高で、東大は優勝経験がない。

(2007年1月14日06時00分 スポーツ報知)

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
06 : 00 : 00 | 斎藤佑樹くん 早大野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<楽天・田中 佑ちゃん快走関心なし | ホーム | ハンカチ王子、早大で初練習>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/854-5d6594f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。