スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
悔いなし田中「甲子園は最高の舞台」
2006 / 08 / 22 ( Tue )
3連覇の夢絶たれた駒大苫小牧・田中は、さわやかな笑顔で甲子園を去る


 
 第88回全国高校野球選手権大会最終日は21日、兵庫県西宮市の甲子園球場で前日に延長十五回引き分けとなった駒大苫小牧(南北海道)-早実(西東京)の決勝の再試合を行い、早実(西東京)が4-3で駒大苫小牧(南北海道)を下し、創部102年目で夏の大会初優勝を遂げた。駒大苫小牧は、最終回に1点差にまで追い上げたが届かず、最後はエースの田中将大(3年)が三振に倒れて73年ぶり史上2校目の「夏3連覇」はならなかった。
 1点差に迫った九回二死。運命に引き寄せられるように、球史に残る2日間を投げ合った2人が打席とマウンドで向き合った。田中はカウント2-1から斎藤の投じた144キロのストレートを大きく空振り。「終わったな」と天を仰ぎバットを置いた。
 73年ぶりの3連覇が懸かった2日間。公式戦48連勝、夏の甲子園14連勝を延ばすか絶つか。大一番の先発は菊地翔太投手(2年)に譲ったが、初回に先制を許し、なおも二死一、二塁のピンチで登場。後続を断つと、5万人に膨れ上がった客席から拍手を浴びた。
 しかし、ここまで658球を投げた肩には相当なハリ、疲れが残っていた。前夜は入念に45分間のマッサージ。5試合のうち4試合で2ケタ三振を奪った“北のドクターK”が、この日は打たせて取る投球術へシフト。だが肝心の変化球が入らず、3失点はすべて四死球の走者だった。結局7回1/3を投げ3失点、4三振で最後の夏を終えた。
 涙はない。「やり切った。最後は見逃しでなく空振りで自分のスイングができたし悔いはない」と話すと、口を真一文字に結び、さまざまな思いをかみしめた。
 故郷の兵庫県宝塚市から苫小牧に来て、天国と地獄を知った3年間。昨夏の甲子園では最速150キロを出し連覇に貢献。しかし直後に元部長の部内暴力が発覚。センバツ前には卒業生の飲酒で出場辞退に追い込まれた。
 「センバツに出られなかったときが一番苦しかった」。チームが空中分解しそうになり、当時主将だった田中は現主将の本間篤史(3年)とともにミーティングを開き、部員のやる気を取り戻させた。甲子園入りしてからも不運があった。胃腸炎と38度の発熱。開幕直前に回復したものの、準々決勝までは思うような結果が出せなかった。
 「甲子園は最高の舞台。斎藤くんと力をぶつけ合った」と激投の20イニングを振り返った。観客がまばらになった球場では、仲間の腕で3度宙を舞った。進路については「プロに行きたいが、これからゆっくり考える」。新たな戦いの場で再び剛腕ぶりを見せる。
(デイリースポーツ) - 8月22日12時17分更新
スポンサーサイト
12 : 17 : 00 | 2006夏の甲子園関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<決勝再試合の瞬間最高視聴率は30・4% | ホーム | 佑ちゃんら早実ナインが帰京の途へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/83-55065fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。