スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
マー君、スロー調整に変更 “ノムラの考え”に従う
2007 / 01 / 12 ( Fri )
ときおり雪が舞う寒さの中、体を入念にほぐす田中。ここまで順調に合同自主トレをこなしている(撮影・浅野直哉)
ときおり雪が舞う寒さの中、体を入念にほぐす田中。ここまで順調に合同自主トレをこなしている(撮影・浅野直哉)



マー君が調整の変更を決めた。楽天の高校生ドラフト1巡目、田中将大投手(18)=駒大苫小牧=が11日、フルスタ宮城での新人合同自主トレで80メートルの遠投を行うなど仕上がりの早さをうかがわせた。だが、前日10日に野村克也監督(71)から「焦る必要はない」と飛ばし過ぎを心配する声が寄せられたため、捕手を座らせての本格的な投げ込みは2月1日のキャンプイン以降になると話した。



ときおり小雪がちらつくほどの寒空を見つめながら、田中は1球、1球の感触を確かめながらボールを投げた。

「まだ七分ぐらい。高校の時は調整とかあまり深く考えたことはなかったけど、今は計算しながらやっています」

休み明けの新人合同トレ3日目。練習パートナーの嶋(国学院大)のミットに勢いよくボールが収まる。次第に距離を伸ばし、最後は約80メートルの遠投まで披露したが、はやる気持ちを懸命に抑えていた。

「焦る必要はない」-。10日、野村監督は仙台市内の会合の席で、仕上がりが早すぎる田中の調整法に“待った”をかけた。田中が年明けにブルペンで140キロのボールを投げたと聞き、異例の“飛ばしすぎ禁止令”を発したのだ。

これをテレビニュースで知った18歳右腕は「飛ばしている気持ちはないんですけど、そのように言われると、まだいいかなと思いますね」。もちろん、“ノムラの考え”に従う。

昨年までは肩の調子が良ければ、1月中でも捕手を座らせての投げ込みを行っていた。しかし、今は違う。「肩は全然問題ない。でも捕手を座らせて投げるのは2月1日から」と田中。寒い仙台では走り込みや筋力強化に重点を置き、剛球がうなりを上げるのは2月の沖縄・久米島での春季キャンプからだ。

(伊吹政高)

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
22 : 19 : 19 | 楽天 田中くん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<斎藤始動にスカウト陣も集結 | ホーム | ハンカチ世代、日ハム・ダースをめぐるビミョ~な関係 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/828-b6fd4f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。