スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早実・斎藤、早大教育学部へ進学!13日から大学の練習参加へ
2007 / 01 / 07 ( Sun )
 昨夏の甲子園で初優勝した早実・斎藤佑樹投手(18)が早大の教育学部社会科へ推薦で進学することが6日、内定した。今後、大学の教授会を経て、2月下旬に正式に入学が決まる。4年後のプロ入り、そしてメジャー挑戦の夢を持つ“ハンカチ王子”が将来、指導者になることも視野に入れた堅実な道を選択。4月開幕の東京六大学リーグが、いよいよ佑ちゃんフィーバーに包まれる。

 堅実。それがハンカチ王子が選んだ道だった。すでに早実系列の早大進学を決めていた斎藤が、教育学部社会科の社会科学専修に進路をとることが決まった。

 「野球が終わったあとの人生も考えています。教員免許をとりたい」

 この日の午前中、早実の担任教師から電話で同学部内定が通達された斎藤。2月下旬に正式に合格が決定するが、他のチームメートが、早大野球部員が多く所属する社会科学部などに進む中、あえて選択したのは教育学部だった。

 同学部では学科・専修の区別なく、教職課程の単位を履修することで教員免許を取得することができる。4年後のプロ入りはもちろん、メジャー挑戦の夢を抱く斎藤だが、引退後の「第2の人生」のほうがはるかに長い。プロからの熱烈なラブコールを蹴って、大学進学を決めた斎藤らしい決断。選手生活の先に指導者としての道が開けるばかりか、“第2の斎藤佑樹”を育てるという新たな夢も広がってくる。

 甲子園のヒーローから、神宮の星となる斎藤の周辺も騒がしくなっている。昭和20~30年代、立大・長嶋茂雄らの活躍で人気を呼び、日本列島を席巻した東京六大学野球は、再び脚光を浴びることは間違いない。すでに日本テレビが、民放としては26年ぶりに東京六大学連盟と放映権の契約を結んだ。お茶の間でハンカチ王子の雄姿が見られるばかりか、早大グラウンドでは、見学者が大幅に増えることを想定して、ネット裏のスペース確保など、改修工事が急ピッチで行われている。

 “早大・斎藤”の始動日も今月13日に決定した。早大野球部は13日が練習始めで、斎藤も練習に加わる見込み。4月の初旬、春のリーグ戦の第1戦で対戦する東大戦登板へ動き出す。エースの須田(新3年)はじめ、投手陣の競争は激しいが、斎藤も昨年末の早実の冬季合宿(茨城県内)に志願参加して紅白戦に登板するなど、準備は万全だ。

 昨年10月の早慶戦を観戦した際には「早慶戦に対するあこがれがさらに強くなりました。優勝に貢献できるような投手になりたい」と目を輝かせていた斎藤。昨夏の甲子園の熱投でわき起こった“佑ちゃんフィーバー”が、神宮の杜にやってくる。


最終更新:1月7日8時1分 サンケイスポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆ 
スポンサーサイト
08 : 01 : 00 | 早稲田大学関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<早実佑ちゃん、早大教育学部に内定 | ホーム | 斎藤 早大教育学部への入学内定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/778-9e293266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。