スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
駒苫田中が会見「佑ちゃんに差つけたい」
2006 / 12 / 21 ( Thu )
 「マー君」が「佑ちゃん」に、ライバル心をむき出しだ。楽天の高校生ドラフト1巡目・田中将大投手(18)が20日、北海道苫小牧市の駒大苫小牧高で記者会見し、高校時代にしのぎを削ったライバル早実・斎藤佑樹投手(18)に対し4年後までに「年俸とか成績の面で引き離しておきたい」と話した。田中は斎藤が4年後にプロ入りするとみている。プロと大学といったん道は離れても「世代で1番になれるように頑張っていきたい」と意気込んだ。
 プロ入りと大学進学とに道はわかれても、田中の斎藤に対する対抗心は強かった。
 会見でハンカチ王子の話題になると熱い気持ちをにじませた。「(斎藤がプロ入りするかもしれない4年後までに)年俸とか、成績の面で先に行っていたい。どうなっても、(プロ入りするときの年俸は)1500万円ですからね」と、話した。プロでの目標について「まずは1年目で初勝利を挙げること」としたが、「4年後までに50勝、年俸1億円くらいは目指したいか」という質問には「そうですね」と答えた。
 高校時代最後の夏は、早実と引き分け再試合まで激闘を演じた末、敗れた。斎藤とは「宿命のライバル」「佑ちゃん、マー君」として社会現象になるほど騒がれた。マスコミからライバルとして比べられたことには「いやでした」と本音を漏らした。
 田中には、来季メジャーに移籍する「ポスト松坂」の期待もかかる。松坂は、プロ4年目の4月に通算50勝を達成し、年俸は、わずか3年目で1億円の大台に乗せた。田中は、松坂を意識しながら、4年後には「(斎藤を)引き離していたい」と宣言した。
 年末は兵庫伊丹市の実家に帰り、元旦から自主トレを開始する。プロと大学と、舞台は違うが、いつかはまた同じ舞台で相まみえるであろう永遠のライバルを意識しながら「世代で1番になれるように頑張っていきたい」と意気込んだ。【由本裕貴】


最終更新:12月21日9時55分 日刊スポーツ

ブログランキングに参加してみました。よろしければ、応援お願いいたします☆
スポンサーサイト
09 : 55 : 00 | 楽天 田中くん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソフトB王監督が早実・斎藤にエール | ホーム | 田中「4年で50勝 年俸1億円」…佑ちゃんを「引き離す」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/751-08f81c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。