スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃんも愛用 大ヒット「幸福守」で早実合格!?
2006 / 10 / 11 ( Wed )
佑ちゃんも愛用 大ヒット「幸福守」で早実合格!?
佑ちゃんも愛用 大ヒット「幸福守」で早実合格!?



 ■受験生必須アイテムに
 夏の甲子園大会に続き、兵庫国体決勝でも駒大苫小牧を破って今年2度目の日本一に輝いた早実。数々の“神がかり”的な勝利を呼び込んだとして、小金井市本町の稲穂神社が入魂した「幸福守」が、異例の売れ行きという。このお守りは、西東京大会優勝後にナインに贈られたもので、早実受験生には必須のアイテムとなりそうだ。(山本雄史)
 
 早実の校歌にも出てくる「稲穂」は、文字通り早稲田の象徴。
 350年の歴史を持つ稲穂神社は、早実の「守り神」とも言うべき存在で、同神社は国分寺市の早実キャンパスから見て鬼門(北東)に位置し、「鬼門除け」の役割を果たしている。
 同キャンパスの校舎の地鎮祭やグラウンドのお祓(はら)いをするなど、同神社と早実は実に縁が深い。
 西東京大会終了直後、同神社の氏子の発案により、「小金井稲門会」が必勝の思いを込めてナインに幸福守を贈呈した。
 例年は初詣を中心に売れている幸福守(800円)だが、8月下旬から“快調”だという。
 「甲子園で優勝してから、200個は売れていると思います。(当時主将の)後藤貴司選手が、大阪桐蔭戦後に手に持っているのをテレビで確認しました。カバンにお守りを付けている選手もいましたね」と笑顔で話すのは、同神社の渡辺陽正宮司(53)。
 渡辺宮司によると、早実優勝の「御利益」は幸福守にとどまらず、お札など他の商品の売り上げ増にも貢献。若者の参拝客も目立つようになり、氏子らは同神社の知名度アップや活性化を喜んでいるという。
 「国体でも優勝したので、本当にうれしい。2度の日本一には、目に見えない力が働いているのではないでしょうか」と渡辺宮司。
 年が明ければ、受験シーズンだ。幸福守を持った早実受験生に「福」が来る!?

<産経新聞>

スポンサーサイト
14 : 14 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<PL学園の前田 広島入団に合意 | ホーム | 楽天 駒苫・田中投手にあいさつ「目輝き、素直な青年だ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/686-9ae68ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。