スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早大3季ぶり優勝!“ハンカチ王子”に後は任せた
2006 / 10 / 16 ( Mon )
直接斎藤くんには関係の薄い記事なのですが、
おめでたいお話ですし!!
いまは斎藤くん関連の記事が少ない時期なので
ちょっと寂しいですが、こうやって嬉しいニュースがあると頼もしい!

斎藤くん、勉強で忙しいのかな・・頑張れーー!


 
 東京六大学野球第6週第2日(15日、神宮)王子よ、あとは任せた!! 早大が6-1で法大を下して勝ち点4。最終週の早慶戦を待たず、05年春以来3季ぶり38度目の優勝を決めた。三回に前田将希外野手(4年)の先制ソロなどで4点を挙げ、先発・大谷智久投手(4年)が8回無失点。九回を主将の宮本賢投手(4年)が締めた。来春には甲子園優勝の早実・斎藤佑樹投手(18)が入学予定。“ハンカチ王子”に黄金時代へのバトンを渡す。

 歓喜の瞬間、左拳を握りしめた。5点リードの九回二死満塁、法大・須藤を右飛に打ち取りゲームセット。胴上げ投手となった宮本は、ナインと強く何度も抱き合った。

 「最後にマウンドに上がらせてもらって、感謝しています。新チームにかける思いは強かったので、本当にうれしい」。ほおを紅潮させ、それでも冷静に振り返った。

 攻めたのは三回だ。前田将の右越えソロで先制、泉尚徳内野手(2年)の右前適時打、本田将章内野手(3年)の左翼線2点適時二塁打で4点を挙げた。六回、七回にも1点ずつ追加し、先発の大谷は8回無失点。九回に登板した宮本は1点を失ったが、主将らしく最後を締めた。今季は32回で自責2、防御率0.56。野球部「科学研究班」の分析をもとにフォームをチェックして、安定した力を発揮した。

 「4年生が抜けることは寂しいが、新しい伝統を築けたらいい。大物新人も入部予定ですしね」。應武篤良監督(48)が言うように、今回の優勝で“黄金時代”への扉を開いた予感もする。宮本、大谷の2本柱は卒業するが、来春は“ハンカチ王子”斎藤ら、早実の甲子園優勝ナインが入ってくる予定なのだ。

 この日、斎藤らは学内試験の勉強もあって観戦しなかったが、新旧のバトンタッチはすでに行われつつある。宮本は今春のセンバツ終了後、早実OBの澤本啓太投手(4年)を交え、斎藤と同級生の白川英聖捕手を呼び出して食事。配球など野球談議に花を咲かせた。そこからメールのやりとりが始まり“先輩後輩”の仲になった。

 その斎藤は春以降、アドバイスを生かしてフォーム改造。球速が最速149キロまで伸びた。その成果が、誰もが知っている948球の熱投。球史に残る熱戦を演じるまでに急成長したのだ。

 「早実が優勝したことは励みにもなったし、逆に負けてたまるかという気持ちにもなりました」。逆に宮本も“王子効果”を口にした。今後はプロの世界に飛び込むが、その前に目指すのが勝ち点5の完全優勝。「気持ちよく胴上げしてもらいたい」という應武監督の夢をかなえて、王子に連覇を託す。
(サンケイスポーツ) - 10月16日11時11分更新
スポンサーサイト
11 : 11 : 00 | 早稲田大学関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハンカチ世代改め「将大世代」に | ホーム | 早大3季ぶりV 黄金時代の幕開け >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/677-7ae52425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。