スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
斎藤、松井秀と対面!米国遠征で憧れのヤ軍を観戦
2006 / 08 / 23 ( Wed )
 クールなエースがゴジラと対面する。甲子園初優勝を飾った早実高の斎藤佑樹投手(3年)が22日、ナインとともに東京・国分寺市内の同校に凱旋。約3000人の地元住民に熱狂的な歓迎を受けた。甲子園のスターとなった斎藤は、日本選抜チームの一員として29日からの米国遠征に参加。ヤンキース・松井秀喜外野手(32)と対面を果たすことになった。

 「大ちゃんフィーバー」の荒木を思い出させた。早実高周辺に地元のファンが約3000人集結。盛大な拍手で迎えられた斎藤は、祝賀会が行われた同校の食堂で最高の笑顔を見せた。

 「改めて自分たちがすごいことをしたなと感じました。自分を成長させてくれた大きな舞台から離れて、今は少しさびしいです。今回の優勝を人生の経験として生かしていきたいです」

 連日30度を超える灼熱の甲子園で、準々決勝(対日大山形)からの4日連投を含め7試合で948球。誰もがその鉄腕ぶりに驚いたが、頂点に立った18歳には、もうひとつ“プレゼント”が用意されていた。

 米国で開催される日米親善試合の日本選抜チームに選ばれている斎藤。その渡米初日の現地29日(日本時間30日)に、あのヤンキースタジアムでヤンキース-タイガースを観戦できることになり、試合前には松井秀と対面することになったのだ。

 「えっ? (松井秀との対面は)知りませんでした。驚いています」。小学生の頃から大リーグにあこがれ、好きな漫画が『MAJOR』。卒業文集にも将来の夢として「メジャー選手(ニューヨーク・ヤンキース)」と書いた斎藤にとって、これは最高の贈り物だ。父・寿孝さん(57)も「野茂投手や松井(秀)選手がアメリカに行ったのを知って興味を持ったようです。私も『メジャーを目指していれば、プロぐらいになれるよ』といいました」と証言。そのあこがれのゴジラと初めて話ができる。

 注目の進路についても斎藤はこの日「最終目標としてメジャーに行きたい気持ちはあります」と初めて明言。現時点では早大進学が有力だが、松井秀が大リーグの試合を観戦してメジャー移籍を決断したように、今回の渡米が今後に大きな影響を与えそうだ。

 「今したいこと? 群馬の実家に帰ってのんびりと休みたいですね」。本音も漏らした斎藤だが“時の人”は、しばらくゆっくりできそうにない。甲子園が生んだ新しいアイドルの動向は、海を渡っても注目される。
(サンケイスポーツ) - 8月23日8時3分更新
スポンサーサイト
08 : 03 : 00 | 2006夏の甲子園関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<早実凱旋大フィーバー!主将・後藤「優勝したと実感」 | ホーム | 早実・斎藤、家族の支えでつかんだV!最高の恩返し>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/65-ab289ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。