スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
斎藤、ハンカチで拭えないキャンパスの“敵”の数々
2006 / 10 / 05 ( Thu )
未経験…先輩との付き合いも多忙に

2冠をひっさげ、斎藤はいよいよ早大進学へ-
2冠をひっさげ、斎藤はいよいよ早大進学へ-



 夏の甲子園、国体の2冠を達成した早実・斎藤佑樹投手。プロ球界を尻目に、このまま世間の注目を東京六大学へ持っていってしまいそうな勢いだ。しかし、推薦入学が確実視される早大では、ハンカチ王子を数々の“敵”が待ち受けている。

 「早大野球部では例年、監督から指名された“一軍メンバー”30人だけが野球部安部寮(東京都西東京市)に入る。斎藤君なら最初から入寮する可能性が高い。来年2月から始まるキャンプ、オープン戦で実力をアピールできれば、3月中旬に入寮することになるでしょう」と早大OBが解説する。

 この寮生活が問題だ。斎藤は都内で兄・聡仁さんと2人暮らし。だが、1年生の冬には勉強との両立に疲れ果てSOSを発し、群馬県の実家から母・しづ子さんが急遽(きゅうきょ)上京し数週間滞在して慰めたことがあったほど。

 「昔の早大ではシゴキ、いじめが横行し、取手二の石田、仙台育英・大越など甲子園のスターが途中退部に追い込まれたケースがあった。が、それは小宮山(現ロッテ)、仁志(巨人)あたりの年代まで。鳥谷(阪神)のように実力があれば1年からレギュラーで出られるし、それをねたんでいじめるような先輩はもういません。むしろ、先輩持ちで居酒屋や“部屋飲み”に頻繁に誘われる。そっちの付き合いの方が大変かも」と前出OBは話すが、それでも未経験の寮生活には不安が残る。

 一方、「各学年では(1)一般入試組(2)甲子園経験者などの推薦入学組(3)早実出身者-の3つに分かれ、派閥ような感じになる」との声も。

 それだけではない。野球部員の内訳は数年前まで人間科学部、最近は03年に設置されたスポーツ科学部の学生が圧倒的多数。とりわけ現在、プロにいる選手は、ほとんどが人間科学部出身だ。この両学部は、学生の間で“所沢大学”との異名を取る埼玉県の所沢キャンパス。

 斎藤本人と両親はいわば“本家”の西早稲田キャンパスの学部を熱望しているとの情報があり、商学部の名もささやかれる。当然、こちらは単位取得のハードルが高く、野球との両立は難しくなるのだ。

 早くも「広末涼子の時のように、入寮だ、初登校だ、初授業の風景の隠し撮りだといちいちマスコミを巻き込んで大騒ぎになるのではないか」と心配する早大関係者もいる。楽しいキャンパス生活と、将来のプロ入りへ向け順調な成長を祈りたいが…。

ZAKZAK 2006/10/05
スポンサーサイト
16 : 17 : 55 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<駒苫・田中へのあいさつは10日=プロ野球・楽天 | ホーム | 続くライバル物語 早実、駒苫下し2冠>>
コメント
----

頑張ってほしいです♪))でも、少しの間見れないのはちょっとショック・・・
by: あち * 2006/10/05 17:37 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2006/10/05 20:01 * [ 編集] | page top↑
--ですよね・・シュン。--

◎あちさま

私もしばらく見れなくなるのかと思うと寂しいーー!!
でもこれから勉強が忙しくなるのかな?
頑張って希望の学部に入ってほしいですね!
これから早稲田近辺は騒がしくなりそうだから
それまでしばらくゆったりしてもらいたいですね~
私達は寂しいけど!
by: at:ioer * 2006/10/06 00:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

練習量もおそらく充分ではない状態で、まして正捕手白川君が不在という状況下において、接戦をものにした精神力はホントすごいな。甲子園での戦いとはまた違うプレッシャーがあっただろうに。ここまでくると
アンチも多くなると思いますが、彼は神でもなく、一人の夢多き若者よね。暖かく応援したいです。
by: ポロポロ * 2006/10/07 11:42 * URL [ 編集] | page top↑
--確かに。--

◎ポロポロさま

たしかに、本人が関知しないところで騒いでいる人たちがいるなか、
ツッコミどころのない人って、「絶対なにかあるはず」ってあら探しをしだす人もいますしね。
でも、彼の野球だけでなく、周りの人や物事に対する真摯な姿勢をみていると、
年上の私でも「見習わなきゃ」って思えるところがたくさんありますね。
精神面やその姿勢、学ばせてもらったな。という気すらしてしまいます。
私もこれからもこういう形でしか追いかけられなそうですが、
暖かく見守ってゆければと思います!

それにしても斎藤くんとバッテリーを組めた2年生捕手の河津くんも
嬉しかったんじゃないでしょうか。
白川くんはくやしかったと思うのですが・・。
本当に今年の早実は強かった!
駒大苫小牧もとっても遊び心が分かってるのに締めるところは締める、すばらしいチーム。
よいものを見せてもらえてありがとう!

by: at:ioer * 2006/10/07 15:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/542-77b401a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。