スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
斎藤、田中からV打!駒苫を完封!…国体高校野球5日目
2006 / 10 / 05 ( Thu )
 ◆国体高校野球5日目決勝 駒大苫小牧0-1早実(4日・兵庫県高砂市野球場)  投げて、打って、佑ちゃんの独り舞台で2冠達成だ。決勝は夏の甲子園決勝と同じカードで行われ、早実(東京)が駒大苫小牧(北海道)を下し、1977年の青森国体以来29年ぶり2度目の優勝を飾った。早実・斎藤佑樹(3年)と駒大苫小牧・田中将大(3年)の息詰まる投手戦は、斎藤が4回に自らのバットで挙げた1点を守りきり、完封で“返り討ち”を果たした。卒業後は大学、プロとそれぞれ別の道を進む2人は5年後プロでの再戦を誓い、高校野球生活を終えた。

 空を見上げ、大きく深呼吸。早実・斎藤は気持ちを落ち着かせた。1-0で迎えた9回2死一塁、カウント2-2から投げた高校生活最後の1球はワンバウンドのスライダー。最後は甲子園決勝と同じ空振り三振に取り、小さく両手を広げ喜びを表した。「昨秋(神宮大会)、駒大苫小牧に負けてから1-0で勝つことをスローガンにやってきたのでうれしい」と笑顔を輝かせた右腕。9安打されながらも完封で、雪辱に燃えた駒大苫小牧を返り討ちにした。

 「打倒・駒苫」を、「打倒・田中」を目指した1年だった。昨秋の明治神宮大会準決勝。早実は4回途中から出てきた田中に打者19人中13個の三振を奪われ完敗した。そんな怪物に勝つには、相手打線に1点も与えてはいけない。和泉実監督(45)は「昨秋以降は守りを鍛えバッテリーを強化した。最後に数字として表れてうれしい」と決勝を無失策で無失点に抑えた選手を褒めたたえた。これで対駒大苫小牧は2勝1敗1分けと勝ち越し。昨秋の屈辱は完全に晴らした。

 斎藤は打でもライバルを粉砕した。4回、2死二塁から右前適時打。両チーム唯一となる得点を田中から奪った。「何としても打って点を取りたい気持ちだった」と一塁ベース上でガッツポーズ。最後まで主役はこの男だった。

 3日の準決勝では、封印していたハンカチで顔をぬぐうパフォーマンスも見せた。「今までは束縛を感じたけど、この大会は暴れようと思って」。決勝でも2回、田中との最初の対戦ではいきなり山なりのスローカーブを投げて驚かせた。「(田中と)アメリカでスローカーブの話をしたんです。待たれていたら必ず打たれるけど強気にいきました」。投げたあとは田中にアイコンタクトで、してやったりの表情を浮かべた。ハンカチは「持って来ていて使おうと思った。でも気持ちに余裕がありませんでした」と緊迫した展開で登場しなかったが、国体の雰囲気を存分に楽しみ、そして公約の2冠も達成した。

 これからは普通の高校生として勉強に励み、希望である早大への進学を目指す。「最高の高校生活でした。大学4年間で全体的にレベルアップしてプロにいきたい。そこでまた勝負して2人でプロ野球を盛り上げられればいいかな」と田中との再戦を誓った斎藤。試合後、お互いチームメートから胴上げされ高校野球は終わった。来年からは別の道で野球を続けていく。2人のライバル物語は始まったばかりだ。
(スポーツ報知) - 10月5日8時2分更新
スポンサーサイト
08 : 02 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<王子の勝ち!斎藤、完封&田中から決勝打!早実が2冠 | ホーム | 黄金ルーキーに待った!楽天・渡辺、背番号『18』譲らん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/540-9927b450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。