スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早実佑ちゃん本音「普通に生活したい」
2006 / 08 / 25 ( Fri )
石原都知事(左)に右腕をもまれ恐縮した表情を見せる早実の斎藤投手


 「普通に生活したい」。甲子園ヒーローが、偽らざる心境を吐露した。早実(西東京)を夏初優勝に導いたエース斎藤佑樹(3年)らナインが24日、優勝報告のため東京都庁を訪問。石原慎太郎知事(73)と歓談した。斎藤は都知事らを前に、最後の高校生活を静かに送りたい趣旨のあいさつをした。駒大苫小牧(南北海道)との歴史的な決勝を制した斎藤の力投は、日本中に感動を呼び、プロ入りか進学かも注目されている。18歳のヒーローのあいさつは、素直な、精いっぱいのメッセージだったかもしれない。
 都庁第一庁舎7階のホールに、ほんわかとした笑いが響いた。優勝報告で都庁を訪れた早実ナインは、監督、主将に続いて、各選手があいさつした。斎藤は石原都知事、副知事らを前に淡々と、だが、しっかりとあいさつした。
 斎藤 今回の選手権大会、甲子園という球場が自分たちを大きく成長させてくれました。この経験を生かして、今後はいち早実生徒として謙虚さを持ちながら、ひた向きに、普通に生活していきたいと思います。
 ホールに響いた笑いは、偉業を成し遂げた鉄腕とはいえ、18歳の高校生の、素直なメッセージへの共感ともとれた。
 この日も注目の的だった。甲子園では、全7試合69イニングで948球を投げ抜いた。15イニング完投した翌日の決勝再試合も先発。4連投を物ともせず、駒大苫小牧のエース田中将大(3年)に投げ勝った。最後の打者・田中を、真っ向勝負の空振り三振に打ち取り、振り向いてガッツポーズした姿。応援席に向かう際、思わずこぼした熱い涙に日本中が感動した。
 マウンドで、丁寧に折り畳んだハンドタオルで汗をふく姿は、各世代の女性の心をとらえ、今も「ハンカチ王子」とワイドショーなどで大々的に取り上げられている。そんな甲子園アイドルを一目見ようと、都庁の正面玄関には約300人のファンが待ち構えた。
 クールに投げ続けた斎藤も、斜め前に座る都知事を前に、さすがに緊張の表情だった。それでも、しっかり自分の思いを言えるのが斎藤だ。都知事が「試合は勝たなきゃ駄目だ」と話すと、神妙に聞き入った。記念撮影に入る前、歩み寄った都知事に右肩を触られ「やっぱり、すごいな」と声を掛けられ、はにかんだ。「相手の投手、なんて言うの? 田中?」。「そうです」。都知事との会話に、だんだんと表情が和らぐ。記念撮影では左隣の都知事と一緒にVサイン。肩を組まれ「みんな、すごい体してるな」とも言われた。
 都議員の心もつかんだ。続いて行われた都議員への報告会でも、斎藤に質問が集中した。「今日はハンカチ持ってるの?」。「持ってないです」。「球速を上げるコツは?」「やっぱり投球練習が1番だと思います」。丁寧に質問に答える姿は、甲子園の時と変わらない。プロか進学かにも注目が集まる中、“直球”の質問も飛んだ。「(早実の系列の)早大で野球をやりたい方は、どれくらいいますか?」。これには、すかさず和泉実監督(44)が「落ち着いてから」と応じたため、斎藤の“真意”は聞きだせなかった。
 帰りはファンが待つ正面玄関を避け、1階の駐車場へ直行。盛り上がる一方の佑ちゃん熱。佐々木慎一野球部長(44)は報告会で部長の苦労を問われた際「普通の高校生が注目されているので、高校生として守ってあげるのが苦労でしょうか」と答えた。
 斎藤は米国遠征のため今日25日から、大阪で全日本チームの合宿に入る。まだ「普通の生活」には戻れそうにない。【古川真弥】
(日刊スポーツ) - 8月25日9時55分更新
スポンサーサイト
09 : 55 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<横浜 早実・斎藤をリストアップ スカウト会議 | ホーム | 斎藤が石原都知事に本音ポロリ「普通の生活したい」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/53-baa9ce73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。