スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん2冠「また田中と勝負したい」
2006 / 10 / 05 ( Thu )
有終を飾った早実・斎藤はナインから胴上げされ笑顔で宙に舞う=高砂市野球場
有終を飾った早実・斎藤はナインから胴上げされ笑顔で宙に舞う=高砂市野球場


 
 因縁の対決は、佑ちゃんに軍配-。第61回国民体育大会「のじぎく兵庫国体」の高校野球硬式は4日、兵庫県高砂市の高砂市野球場で行われ、夏の甲子園で37年ぶり決勝引き分け再試合を演じた早実(東京)と駒大苫小牧(北海道)の再対決となった決勝は、早実が1-0で完封勝ちして優勝。エース斎藤佑樹投手(3年)は、怪物右腕・田中将大投手(3年)との息詰まる投手戦を制し、夏に続いて頂点をつかんだ。世代最強を競った2人のライバルは高校野球ラスト舞台を終え、4年後の再対決を誓った。
 最後の打者を三振に仕留めると、自然とガッツポーズが出ていた。秋空よりもさわやかな笑顔で、斎藤が高校野球ラスト舞台を締めくくった。
 夏の甲子園決勝の再戦となった因縁の一戦。斎藤がまたも田中に投げ勝った。「決着をつけたい舞台でした」。9安打され走者を背負っても、3併殺で切り抜け本塁を死守。六回一死二塁のピンチは4、5番を連続三振に斬った。四回に自らたたき出した1点を守り切っての完封勝利だった。
 「田中にありがとうと言いたい」。斎藤は感謝した。咋秋の明治神宮大会で初めて対戦した。すでに夏の甲子園で注目を集めていた田中は、高速スライダーに140キロ後半の直球を駆使する超高校級投手だった。この敗戦から、チームの合言葉は“打倒・田中”となった。
 そして巡ってきた今夏の甲子園。球史に残る熱戦を制したが、それでも斎藤は、高校野球最後の舞台で田中を倒すことにこだわった。「スローガンどおり1-0で勝つことができてうれしい」。素直な気持ちだった。
 伝説の名勝負を演じ、社会現象にまでなった2人は、互いを認め合う存在となった。米国遠征を通じて友情も深めた。二回、打席に田中を迎えた場面では、初球に大胆なスローカーブを投じた。見逃した田中はマウンドに向かって苦笑い。2人の世界だった。
 しばらくは別々の道を歩む。早大に進学する斎藤は「レベルアップして、プロで通用するようになりたい」と4年後のプロ入りを誓う。すでに楽天の1巡目指名を受けている田中は、ひと足早くプロの世界へ旅立つ。
 試合後、田中と固い握手を交わした斎藤は「いい仲間としてライバルとして、また勝負したい。2人で勝負して、プロ野球を盛り上げたい」。もちろん田中の気持ちも同じ。「将来的に対戦できたらいい」。プロの舞台での再戦を胸に高校野球を卒業した。
(デイリースポーツ) - 10月5日11時6分更新
スポンサーサイト
11 : 06 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<続くライバル物語 早実、駒苫下し2冠 | ホーム | 兵庫国体:高校野球・硬式の部 駒大苫小牧戦は早実に軍配--決勝 /東京>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/529-7bc6289f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。