スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
田中は投打に活躍!決勝でリベンジだ
2006 / 10 / 04 ( Wed )
<東洋大姫路・駒大苫小牧>9回、甲子園でホームランを許している林崎に、こん身のストレートを投げる駒大苫小牧・田中
<東洋大姫路・駒大苫小牧>9回、甲子園でホームランを許している林崎に、こん身のストレートを投げる駒大苫小牧・田中



 のじぎく兵庫国体・高校野球硬式の部は3日、高砂市野球場で準決勝が行われ、第2試合は駒大苫小牧(北海道)が田中将大投手(17)の活躍で逆転勝ち。甲子園決勝の再現となる4日の決勝で、斎藤と再び対戦する。

 斎藤に負けじと「マーくん」田中が魅せた。1点を追う3回から2番手で登板。7回3安打9奪三振の投球に加え、打撃でも9回無死からライナーで左翼席へ。春季大会室蘭支部予選初戦以来28試合ぶり、高校通算15発目となる一発で貴重な追加点を叩き出した。全日本高校選抜米国遠征第2戦の延長10回サヨナラ被弾以来の連続無失点はこれで33回1/3。自己記録の34回にあと2/3と迫った。

 「要所で打たせることができた。調子が悪いなりに抑える自信がある」。この言葉が、不調にあえいだ甲子園との違いを象徴する。1つの転機は甲子園後の米国遠征だ。全5戦に救援で登板し12回2/3を12奪三振の好投に加え「冷静に投げているところは自分にも必要かなと思った」とライバル斎藤の投球リズムも参考にした。以来、客観的に自分の投球を見つめることを意識し、この試合中も下半身の使い方を修正。直球、スライダー、フォーク、チェンジアップと全球種を駆使し、要所を抑える投球を表現した。

 予選から甲子園、米国遠征、国体準決勝まで今夏積み重ねた投球数は1942球。3連投の決勝も覚悟はできている。「斎藤を意識していないと言えばウソになる。夏のように投げ合いになるが、また自分が崩れないように投げ勝ちたい」。夏の敗戦から45日目のリベンジの舞台で、史上3校目の国体2連覇と「世代最強エース」の座を奪い返す。

 <兵庫・東洋大姫路 レベルの差痛感>地元の声援もむなしく準決勝で駒大苫小牧に敗れ、今夏の甲子園準々決勝で惜敗した雪辱は果たせなかった。日本選抜にも選ばれた左腕の乾は2本塁打を浴びるなど3失点。「(駒大苫小牧の)田中とはレベルが違うと感じた。ボールの切れが凄い」と少しだけ悔しそう。堀口監督は「どうしても勝てなかった。もう1試合戦いたかったが…」と唇をかんだ。

 ≪大嶺 長期戦を示唆≫ドラフトでロッテの1巡目指名を受けていた八重山商工・大嶺が国体から6日ぶりに沖縄・石垣島に戻った。ソフトバンク入りを熱望していた大嶺は「そんなに早く(進路が)決まることはない。今月中に決まることもないと思う」とあらためて長期戦を示唆。祖父母と話し合いながら、じっくりと結論を出す方針だ。また、伊志嶺監督は「ロッテとはまだ話し合っていないが(最初の交渉は)6日になるのではないか」と具体的な見通しを明かした。
[ 2006年10月04日付 紙面記事 ]
スポンサーサイト
05 : 00 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<斎藤 ハンカチパフォーマンスで2冠王手 | ホーム | 斎藤 ハンカチパフォーマンスで2冠王手 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/528-a5176e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。