スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
鉄腕再戦!田中「勝ちたい」決勝で斎藤にリベンジ
2006 / 10 / 04 ( Wed )
 (国体高校硬式野球、3日、兵庫・高砂市野球場)早実が決勝進出を決めてから3時間後、駒大苫小牧も続いた。

 田中は1点を追う三回から2番手でマウンドへ。「自分の中のイメージに近い投球ができました。今はマウンドで冷静になれるんです」。

 今夏の甲子園で3試合、逆転勝ちした“ひぐま打線”が斎藤との再戦を後押しした。五回、三谷忠央内野手(3年)の三塁適時内野安打で同点とし、六回に中沢竜也内野手(3年)の右翼席へのソロで勝ち越した。

 九回には田中自らが春の室蘭支部予選以来、約5カ月ぶりの本塁打を弾丸ライナーで左翼席中段へ。怪物は結局、7回を3安打零封。甲子園の雪辱のチャンスを得た。

 「国体ならではの対決を楽しみたい気持ちもあるけど、夏(の甲子園)は負けているので試合には勝ちたい」。今大会24イニング連続無失点の男は1点も与えるつもりはない。
(サンケイスポーツ) - 10月4日8時1分更新
スポンサーサイト
08 : 01 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<駒苫・田中、公式戦35勝!米国遠征から33回1/3ゼロ封…国体高校野球4日目 | ホーム | ハンカチ復活にキャ~!斎藤が完投&ファンサービス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/512-19b47180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。