スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハンカチ復活にキャ~!斎藤が完投&ファンサービス
2006 / 10 / 04 ( Wed )
 (国体高校硬式野球、3日、兵庫・高砂市野球場)早実(東京)はエース斎藤佑樹投手(18)=3年=が準決勝で静岡商(静岡)相手に5安打3失点で完投勝利。29年ぶり2度目の優勝を目指す4日の決勝戦では、今夏の甲子園決勝で延長再試合の末に倒した駒大苫小牧と対戦する。また、2連覇のかかる駒大苫小牧(北海道)は田中将大投手(17)=3年=が、7回3安打無失点に抑え、東洋大姫路(兵庫)に逆転勝ち。夏のリベンジに挑む。

〔写真:九回にはハンカチを取り出すパフォーマンス。進学を表明した斎藤だが、ファンサービスはプロ以上〕

 「あと1球」コールが黄色い歓声に変わった。4-3の九回二死。斎藤は静岡商・増井をカウント2-0と追い込んだ。すると突然、お尻の右ポケットから水色のタオルハンカチを取り出し、顔をふいたのだ。

 「(駒大苫小牧の)本間クンがパフォーマンスをやっていたので、ボクもファンサービスをやろうと思いました。平日でもたくさんの人が応援に来てくれたお礼の意味もあります」。直後の1球(直球)で見逃し三振を奪って決勝進出を決めたハンカチ王子は、ちゃめっ気たっぷりに笑った。

 マウンドでハンカチを使って汗をぬぐったのは8月21日、甲子園の決勝再試合以来。この演出は、親友に触発されたものだった。

 2日の2回戦で、夏の大会以降、メールのやりとりをするようになった駒大苫小牧・本間篤史外野手(3年)が、鹿児島工・今吉晃一捕手(3年)をまねて打席で「シャーッ!!」と叫び、ファンから拍手喝采(かっさい)を浴びていた。

 斎藤はこれをヒントにこの日のウオーミングアップを終了後、仲間と競技場内にある選手用の売店に出かけ国体グッズの水色のハンカチ(400円)を購入。ポケットに忍ばせた。

 しかし、先制した一回の裏に3長短打で2点を奪われ、三回には滝本に右翼席へソロを被弾。正捕手の白川英聖(3年)が発熱で姫路市内の病院に入院し、急きょ河津恵介捕手(2年)と初のバッテリーを組んだことも影響したのか序盤は調子に乗れなかった。

 それだけに「そういうことをやって負けたら格好が悪い」と、勝利を確信する瞬間までハンカチを“温存”。五回以降、無安打に抑え、ようやく九回、あと1イニングにこぎつけると、攻撃中にキャッチボールを行った際、一塁ベンチ横で第2試合を待つ駒大苫小牧の田中、本間篤と談笑。密かに「ハンカチを使うよ」と宣言したのだ。

 1977年以来、29年ぶり2度目の優勝のかかる決勝の相手は今夏の甲子園決勝で引き分け再試合の死闘を演じた駒大苫小牧。“3度目の対決”が実現する。

 「駒大苫小牧には1度勝っているので、また勝ってどちらが強いか証明したい」。高校野球最後の試合で、斎藤は有終の美を飾るつもりだ。
(サンケイスポーツ) - 10月4日8時1分更新
スポンサーサイト
08 : 01 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鉄腕再戦!田中「勝ちたい」決勝で斎藤にリベンジ | ホーム | 田中は投打に活躍!決勝でリベンジだ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/511-76530b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。