スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早実2冠王手、佑ちゃん汗ふき披露/国体
2006 / 10 / 04 ( Wed )
9回裏、早実・斎藤はポケットから青いタオルを取り出し汗をふきながら1回転
9回裏、早実・斎藤はポケットから青いタオルを取り出し汗をふきながら1回転



<兵庫国体高校野球:早実4-3静岡商>◇3日◇準決勝◇高砂市野球場
 佑ちゃん、「ファンサービス」のハンカチ・パフォーマンスだ-。夏の甲子園大会で優勝した早実(東京)のエース斎藤佑樹(3年)が3日、兵庫国体・高校野球準決勝で静岡商(静岡)に4-3で完投勝ち。9回2死2ストライクの場面で、青いハンカチを取り出しニッコリ、6800人の観衆から大歓声が上がった。駒大苫小牧(北海道)も勝ち、きょう4日の決勝は、ライバル田中将大(3年)と投げ合う。社会現象になったハンカチとともに、高校最後の試合で佑ちゃんフィーバーがクライマックスを迎える。
 高砂市野球場につめかけた6800人が大ウケだ。9回裏2死走者無し、カウント2-0。勝利まであと1球の場面で、マウンドの斎藤が、ズボンの右ポケットをさぐる。その仕草だけで観客がざわめく。
 出た~、青色のハンカチだ。斎藤は、ハンカチで顔をふく姿を観衆に見せるように、ちゃめっ気たっぷりにマウンドを小さく一周した。「きゃー、ハンカチよ、ハンカチ~」。大歓声が上がった。
 少しはにかみを見せながらハンカチをしまい、捕手に向き直る。顔はきりり。最後は甲子園と同じ、渾身(こんしん)の直球で見逃し三振。早実、2冠へあと1つだ。
 「ファン・サービスの意味もあります。平日なのに多くのファンが来てくれて、うれしかった。喜んでもらえてうれしいです」。斎藤がマウンドでハンカチを使うのは甲子園の決勝以来43日ぶり。高校生というのに、佑ちゃんはファンサービスを考えていた。
 前日、仲の良い駒大苫小牧の本間篤主将が鹿児島工の代打の切り札・今吉晃の「シャーッ!」の物まねをしたことを聞いた。斎藤は「自分も何かやらなくちゃと」。今回の国体には「ハンカチは持ってきていません」と話していたが、この日の朝、球場横にある陸上競技場内の関係者用売店で購入した。9回表、味方の攻撃中、第2試合に出場する駒大苫小牧の本間篤に金網越しに「ハンカチ、使ってよ」と声を掛けられ「使うよ」と宣言。パフォーマンスでもライバルに負けなかった。
 でも、斎藤は遊んでいただけではない。大学での野球に備え、新球ツーシームも試していた。「フォークを浅く握ったような感じ」と話す。3回までにソロ本塁打を含む3失点だったが5回以降は無安打。終わってみれば9奪三振で完投勝利。早実を81年滋賀国体以来、3回目の決勝進出に導いた。
 何というドラマだろう。今日4日、決勝の相手は、運命のライバル駒大苫小牧・田中となった。対戦成績は昨秋の神宮大会(準決勝)、今夏甲子園(決勝、同再試合)と計1勝1敗1分だ。斎藤は「最後の高校野球なので楽しみたい。優勝で有終の美を飾りたい」という。田中は「今度こそ投げ勝ちたい」と闘志を燃やす。
 あと1試合。青いハンカチ…駒苫との激闘…この夏、日本中を沸かせた高校生の佑ちゃんフィーバーが頂点を迎える。【古川真弥】
(日刊スポーツ) - 10月4日9時50分更新
スポンサーサイト
09 : 50 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夏、再現…田中 今度こそ投げ勝つ | ホーム | 駒苫・田中が佑ちゃん雪辱戦へ/兵庫国体>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/510-213d4298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。