スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん完封&決勝打!早実2冠/国体
2006 / 10 / 04 ( Wed )
<兵庫国体高校野球:早実1-0駒大苫小牧>◇4日◇決勝◇高砂市野球場
 今夏の甲子園で37年ぶりの決勝引き分け再試合を戦った早実(東京)-駒大苫小牧(北海道)の対決は、早実が1-0で勝ち、29年ぶり2度目の優勝を果たした。早実は夏に続く2冠を達成した。
 決勝は7200人の観衆を集めて行われ、早実は斎藤佑樹、駒大苫小牧は田中将大の両エースの投手戦となった。
 駒大苫小牧は3連覇を狙った今夏の甲子園大会に続き、国体でも優勝はならず、2000年、01年の第55、56回大会の横浜(神奈川)以来、大会史上3校目の国体連覇を逃した。
 早実は4回に2死二塁から斎藤の右前適時打で貴重な1点を先制した。その後、両チームは走者を出したが、両投手の好投の前に得点できなかった。
 国体の決勝が夏の甲子園大会決勝と同じ顔合わせとなったのは98年に松坂大輔(現西武)を擁した横浜と京都成章(京都)以来6度目で、そのうち夏に続く国体優勝は4度目。
(日刊スポーツ) - 10月4日13時5分更新
スポンサーサイト
13 : 05 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<<兵庫国体>早実・斎藤が投打に活躍 駒大苫小牧破る | ホーム | 国体野球、早実がV…斎藤が駒苫0封、田中から決勝打>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/505-98cbda22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。