スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
駒苫vs早実/兵庫国体決勝速報
2006 / 10 / 04 ( Wed )
◇4日◇高砂市野球場◇決勝◇試合開始10時00分◇試合終了12時03分

早実    0 0 0 1 0 0 0 0 0 - 1
駒大苫小牧 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - 0

(早)斎藤-河津
(駒)田中-及川、小林

【本】

【戦評】
 早実がエース斎藤の投打にわたる活躍で29年ぶり2度目の優勝、夏の甲子園に続く2冠を達成した。斎藤は4回2死二塁から右前へ決勝打を放ち、投げては緩急をつけた巧みな投球術で駒大苫小牧打線を9安打完封。国体連覇を狙った駒大苫小牧は田中が4安打9奪三振と好投したが、3併殺を食らうなど再三の好機にあと1本が出なかった。

【熱戦マイク】

○早実・斎藤投手(決勝打&9安打完封)
「自分も打って点を取りたいという気持ちがあったので、ボールに食らい付いていった。3年間でこれ以上ない経験ができたし、早稲田のユニホームを着てプレーできてうれしかった」

○早実・和泉監督
「昨年の神宮大会で負けた時から、田中君にはとにかく1-0で勝つしかないと言い続けてきた。試合をやるごとに成長し、最後に数字で出たのがうれしい。斎藤を含め3年生27人はよくまとまってくれた」

●駒大苫小牧・田中投手(4試合33回1失点42奪三振)
「向こうも抑えていたので、自分も踏ん張って抑えようという気持ちだったけど、悪いなりの投球はできた。うれしいこと、つらいこと、いろいろあった中身の濃い3年間だった」

●駒大苫小牧・香田監督
「斎藤君中心の早稲田は強かった。今の3年生は1年から甲子園優勝、優勝を引き継ぎ、最後もこういうところまで勝ち上がったきたけど、上には上がいることを分からしてもらったことは先に進んでも役立つと思う」

【試合経過】
<1回表>【早】駒大苫小牧の先発は田中。
川西は左飛、小柳は三ゴロ、桧垣は見逃し三振に倒れ3者凡退。
<1回裏>【駒】早実の先発は斎藤。三谷、三木は遊ゴロ、中沢は空振り三振に終わり3者凡退。

<2回表>【早】後藤は二ゴロ。1死から船橋が死球を受け、斎藤が中前打で続き一、二塁。小沢は
三ゴロに倒れ二塁封殺されたが、田中の暴投で小沢が二進し2死二、三塁。河津は空振り三振。
<2回裏>【駒】本間篤は遊ゴロ、田中は三ゴロ、岡川は中飛に倒れ3者凡退。

<3回表>【早】内藤は見逃し三振、川西は二ゴロ、小柳は三ゴロに打ち取られ3者凡退。
<3回裏>【駒】山口は二飛、渡辺は空振り三振。
2死から及川が中前打、三谷が右前打でつなぎ一、三塁。三木は空振り三振。

<4回表>【早】桧垣は三邪飛、後藤は右邪飛。2死から船橋が右前打で出塁し、
田中の暴投で二進。斎藤が右前適時打を放ち先制した。小沢は三ゴロに倒れ二塁封殺。
<4回裏>【駒】中沢は四球。本間篤は中飛に倒れたが、田中が中前打でつなぎ1死一、二塁。
斎藤の暴投で二、三塁とし、岡川が四球を選んで満塁。山口は遊ゴロ併殺打に倒れた。

<5回表>【早】河津は一邪飛。1死から内藤が二ゴロ敵失で出塁したが、川西は二ゴロに倒れ二塁封殺。川西が二盗を決め2死二塁としたが、小柳は中飛。
<5回裏>【駒】渡辺の代打鷲谷は中飛、及川は左飛、三谷は一ゴロに打ち取られ3者凡退。

<6回表>【早】駒大苫小牧は代打鷲谷がそのまま右翼に入る。桧垣は見逃し三振、後藤は空振り三振。2死から船橋が左前打で出塁したが、斎藤は遊ゴロに倒れ二塁封殺。
<6回裏>【駒】三木が中前打、中沢が投前バントで送り1死二塁。本間篤は空振り三振に倒れたが、投球がワンバウンドの暴投となる間に三木が三進し2死三塁。田中は空振り三振。

<7回表>【早】小沢は見逃し三振、河津は空振り三振、内藤は右飛に終わり3者凡退。
<7回裏>【駒】早実は小沢に代わり佐々木が右翼に入る。岡川は右飛。1死から山口の代打岡田が中前打で出塁し、代走に本間直。鷲谷が中前打で続き一、二塁としたが、及川の代打奥山は投ゴロ併殺打に倒れた。

<8回表>【早】駒大苫小牧は代走本間直が遊撃、代打奥山に代わり小林が捕手に入る。
河西は遊ゴロ、小柳は左飛、桧垣は三邪飛に倒れ3者凡退。
<8回裏>【駒】三谷は三ゴロ。1死から三木が中前打、中沢が左前打で続き一、二塁。
投手けん制球が二走中沢の顔に当たり、臨時代走に三谷。本間篤は遊ゴロ併殺打に終わった。

<9回表>【早】後藤は四球、船橋が投前バントで送り1死二塁。斎藤が振り逃げ(記録は三振と暴投)で出塁し一、三塁。佐々木は空振り三振。打者河津の時に重盗を仕掛けたが、一走斎藤が二塁憤死。
<9回裏>【駒】田中、岡川は遊ゴロ。2死から本間直の代打西田が二塁内野安打で出塁したが、
鷲谷が空振り三振に倒れて試合終了。早実が1-0で完封勝ちした。

【先発メンバー】
<駒大苫小牧>
(三)三谷(二)三木(一)中沢(中)本間篤(投)田中(左)岡川(遊)山口(右)渡辺(捕)及川
<早実>
(中)川西(三)小柳(一)桧垣(遊)後藤(左)船橋(投)斎藤(右)小沢(捕)河津(二)内藤

[2006年10月4日12時30分]

スポンサーサイト
12 : 30 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<<国体・高校野球>早実・斎藤が投打に活躍 駒大苫小牧破る | ホーム | 兵庫国体・斎藤、田中が先発>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/497-2be91c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。