スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃんマイペース、渡米後に投球再開
2006 / 08 / 28 ( Mon )
練習終了後、グラウンド整備をする斎藤

 
 最終調整は米国で。日米親善試合に出場する全日本高校選抜の早実・斎藤佑樹投手(3年)が27日、投球練習を29日の渡米後に再開することを明言した。枚方市の松下電器枚方グラウンドで行われた全日本合宿3日目のこの日も、斎藤はブルペンに入らなかった。ここまで投球練習は合宿初日の25日に捕手を座らせ18球を投げただけ。今日28日には関西大学との練習試合が予定されているが「(日本では)投げません。向こう(米国)で投げるつもりです」と話した。
 投球間隔はあくが「いつもこんな感じなので問題ありません」とマイペース調整を強調した。中迫俊明コーチ(47=鹿児島工監督)も「投手陣の調整は任せてある。(甲子園大会で)連投した子もいるんで」と話した。斎藤は甲子園では準々決勝から決勝再試合までの4連投を含め、7試合で948球を投げた。疲労を考え無理はしない方針だ。
 疲れの残るエースの分は全員でフォローする。この日、金城長靖(3年=八重山商工)がブルペン入りし力を込めて50球を投げた。「今日はバンバン投げた。疲れはみんなよりないですから」。また内野手として選抜された広井亮介(3年=智弁和歌山)も20球を投げ、投手陣とともにけん制練習にも参加した。和泉実監督(44=早実)は「適材適所やれることをやって、1人に負担がかからないようにしたい。みんなで助け合わないとね」と米国遠征を総動員で乗り切る構えだ。
 21日の決勝再試合から1週間。斎藤の体調は徐々に戻りつつある。練習中に笑顔も見せるなど、チームにも溶け込み出した。「最初は緊張していたが、今はいい感じです」。甲子園を沸かせた右腕の完全復活まであと少しだ。【小松正明】
(日刊スポーツ) - 8月28日9時49分更新
スポンサーサイト
09 : 49 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハンカチ王子 一目見ようと女性ら200人 大阪・枚方 | ホーム | 駒苫・本間篤、合宿に「いるだけで幸せ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/49-5255089a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。