スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
胸中揺れる中…大嶺快投でリベンジ
2006 / 10 / 01 ( Sun )
 兵庫国体・高校野球硬式第1日(30日・高砂市野球場)、ロッテから1巡目指名された八重山商工・大嶺祐太投手(3年)が、12三振を奪って、夏の甲子園3回戦で敗れた智弁和歌山を2安打完封。想定外の指名に胸中揺れる中、見事な快投を見せた。
 大嶺は「同じ相手に負けられなかった。甲子園では三振を取りにいってしまったが、ピンチでも力を抜いて投げることができた」と満足そう。
 スタンドにはロッテ・松本編成部スーパーバイザー、担当の永野スカウトが熱視線を送っていた。国体終了まで交渉できないが、全試合に足を運び誠意をアピール。報告を受けたバレンタイン監督も「自らを取り巻く状況に影響されることなく、良い投球をしたのは素晴らしい。競争意識が非常に高い投手だ」と話した。
 進路に関し大嶺は「今は国体に集中しています。終わってから考えます」とだけ口にし、伊志嶺監督も「大嶺に任せています」と話した。
(デイリースポーツ) - 10月1日10時58分更新
スポンサーサイト
10 : 58 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん、完封発進!/国体 | ホーム | 田中が高砂で“松坂超え”429K>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/450-c4e2d239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。