スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
兵庫国体 ハンカチ王子に大フィーバー…斎藤投手が初登板
2006 / 10 / 02 ( Mon )
試合終了後、斉藤投手(手前)を一目見ようと詰め寄る観客=高砂市野球場で1日、梅村直承写す
試合終了後、斉藤投手(手前)を一目見ようと詰め寄る観客=高砂市野球場で1日、梅村直承写す


 
斎藤くん、ちょっと嬉しそう(笑

 「佑ちゃ~ん」--。兵庫県高砂市の同市野球場で1日にあった「のじぎく兵庫国体」の高校野球・硬式(公開競技)の第2試合で、早稲田実業(東京)の「ハンカチ王子」、斎藤佑樹投手が初登板した。雨天にもかかわらず、球場には徹夜組を含む7500人以上が押し寄せ、内外野とも立ち見が出る大フィーバー。一挙手一投足にファンから歓声が上がった。
 球場周辺では入場整理券を求めて約3000人が徹夜したため、配布は予定より約1時間早い午前6時前からに。用意した7000枚を配布した後も列ができ、500人の立ち見を認めた。
 試合では、夏の甲子園ベスト8の福知山成美(京都)を斎藤投手が完封。「かっこいい」などと声が上がり、最前列から斎藤投手の姿をカメラ付き携帯電話などで撮影しようと女性ファンが殺到した。後輩と観戦に来た東大阪市の高校3年、有柴温子さん(17)は「夏の決勝再試合もアルプスで見たが、ひたむきに投げる姿がすてき」と満足げに話した。
 人気にあやかり、球場内の売店では「青いおしぼり」付き幕の内弁当(1個800円)を販売。用意した1000個をほぼ完売した。
 続く第3試合は地元の東洋大姫路(兵庫)が登場したが、観客の大半が早稲田実の試合が終了すると球場を去った。【長尾真希子、岩嶋悟】
(毎日新聞) - 10月2日10時2分更新
スポンサーサイト
10 : 02 : 00 | 国体関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん完封で4強進出/国体 | ホーム | 日本ハム4巡目ダースが佑ちゃんに熱視線>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/442-2d3ff27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。