スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日本圧勝 田中力投!橋本8打点
2006 / 09 / 05 ( Tue )
力投する日本高校野球選抜の田中
力投する日本高校野球選抜の田中



 日本高校野球選抜は3日(日本時間4日)、ロサンゼルスの南カリフォルニア大デドー・フィールドで米国西部選抜と親善試合第4戦を行い、智弁和歌山・橋本良平捕手(3年)の4安打8打点の活躍などで16―3で圧勝した。投げても4試合目の登板となった2番手の駒大苫小牧・田中将大投手(3年)が2回1/3で5三振を奪う力投を見せた。チームは4日(同5日)に最終戦を行う。

 米国のマウンドで投げるたびに怪物右腕は自信を深めているようだ。前日に続き救援登板した田中は2回1/3を無失点。連投の疲れを感じさせない好投だった。

 「自分でもビックリするほど調子がいい。気を抜かなければ打たれない感じ」。3点リードの6回2死一塁から登板。縦に落ちるスライダーを多投し7回無死から4者連続を含む5奪三振。追い込んでから低めに決まる鋭い変化球に“メジャー予備軍”のバットは空を切った。

 4試合すべてに登板。ダブルヘッダーの2試合目の登板となった第2戦ではサヨナラ本塁打を浴びたが、失点はこの1点だけ。計8回2/3を投げ17奪三振と米国の打者を圧倒している。「純粋に勝負を楽しめる。投げていて楽しいし、疲れを感じない」。夏の甲子園では、3連覇へ重圧がかかるマウンドが続いたが、この日も試合前ノックにキャッチャーミットを持って参加するなど、甲子園大会にはなかった余裕を感じさせる。

 大リーグのスカウトらのスピードガンでは、一定して約145キロ以上を計時。「あすも自分らしく思い切り向かっていく」と、全5試合登板に意欲満々だった。

 ≪橋本「記憶にない」活躍≫親善試合では史上3位タイとなる16得点。中でも4番の橋本が4安打8打点と大爆発した。「8打点は記憶にない。チャンスで打てる打者を目指しているので、結果を残せたことはうれしい」。2点を追う3回2死満塁で中越えに走者一掃の逆転二塁打。5回には左前適時打。7回は無死二、三塁から左前2点打。さらに2死二、三塁から左越え二塁打を放ち、計8打点。それでも「あす、勝たないと意味がない」と気を引き締めていた。
[ 2006年09月05日付 紙面記事 ]
スポンサーサイト
05 : 00 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大勝ジャパンが王子に勇気!斎藤、第5戦先発で“有終” | ホーム | 斎藤 熱中先生に激白「最後は真っすぐ」 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/401-7accc7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。