スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
斎藤、田中のリレーで最終戦飾る
2006 / 09 / 05 ( Tue )
米国西部選抜戦に先発し好投した早実の斎藤 Photo By 共同
米国西部選抜戦に先発し好投した早実の斎藤 Photo By 共同



 米国遠征中の日本高校野球選抜は4日、ロサンゼルスの南カリフォルニア大デドー・フィールドで第5戦を行い、4―1で米国西部選抜を下し、3勝1敗1分けと勝ち越して全試合を終えた。

 3度目の先発となった東京・早実の斎藤は、5回を3安打1失点8奪三振と好投。0―1の6回に暴投と今吉(鹿児島・鹿児島工)の適時打で3点を挙げて逆転し、2番手の田中(北海道・駒大苫小牧)が4回を0点に抑え逃げ切った。

 日本選抜は今後、ロスの日本総領事館の表敬訪問や大リーグ観戦を行い、7日に帰国の途に就く。

 ≪主役の2人が力投≫斎藤が試合をつくり、田中が終盤を締める。つい先日までは好敵手同士だった両投手の継投で、日本選抜が最終戦に快勝した。

 斎藤は3度目の先発。2日の試合では長時間の移動の疲れもあり4失点と精彩を欠いたが、この日は本来の切れと制球を取り戻した。一回の先頭打者から、いきなり4連続三振。内外角に投げ分ける直球に加え「米国の打者に有効だった」というフォークボールを多投し、5回で8三振を奪った。

 5回に内野ゴロで先制を許し「1点取られたので満足はできない」と自己評価は厳しかったが、3安打1失点は十分の出来。打線は6回に逆転して斎藤の好投に応えた。

 全5試合に登板した田中は、この遠征で最長の4回を投げた。3連投の疲れもあり、被安打こそ2だったが、4四球を与えるなど完ぺきな内容ではなかった。

 だが、9回二死満塁のピンチで踏ん張り、失点は0。4回で5三振を奪った。「走者を出しても粘るのが持ち味。それを出せて良かった」と納得した。

 斎藤が「最後の試合を楽しめた」と言えば、田中は「伸び伸び投げられた。自分の投球をすれば通用すると思った」。2人のエースが、いい形で遠征を締めくくった。 (共同)
[ 2006年09月05日 09:35 速報記事 ]
スポンサーサイト
09 : 35 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃんで有終の美、最終戦に全力 | ホーム | 駒苫・田中がストッパー4連投/日米親善>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/400-4be4645d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。