スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑休です。甲子園948球の疲れ癒やすノースロー指令…高校選抜合宿
2006 / 08 / 28 ( Mon )
 鉄腕も一休み。日米親善高校野球の日本選抜チーム合宿に参加している斎藤佑樹(早実・3年)にノースロー指令が出されていたことが27日、分かった。夏の甲子園で決勝再試合を行うなど948球を投げた疲れを癒やし、万全の状態で米国へ向かうため決定された。27日に大阪・枚方市内で行われた練習ではファン約150人が見守る中、守備練習では右翼に入りプレー。29日に日本を出発するが、国内で投球をする雄姿は見られそうにない。

 合宿も残り2日。今か今かと待ち受ける約150人のファンをよそに、斎藤はこの日もブルペンに入らなかった。甲子園で948球を投げた疲れを癒やすため、同じく742球を投げた田中将大(駒大苫小牧・3年)と2人には国内ノースロー調整が言い渡されていた。

 初日にブルペンで軽めに20球。それ以降は投球練習を行っていない。初日の練習後に行われた整形外科医によるメディカルチェックで、肩を休養させることが決定した。帯同しているトレーナーは「疲労回復を優先させて、元の状態に一度リセットさせたい。アメリカで投げるのに焦点を合わせている」と国内練習では無理をさせない方針であることを明かした。

 決して投げられないわけではない。ノックでは右翼から矢のような送球。トレーナーも「例年の子たちに比べても回復は速いですよ」と鉄腕ぶりには驚きの声を上げていた。斎藤も「疲れは感じてない、大丈夫です。向こう(米国)で投げるつもりです」と無理をしない調整を続けていく。

 合宿も3日目を迎え、チームの雰囲気も盛り上がってきた。斎藤は決勝で激闘を繰り広げた田中のことを「まーくん」と呼ぶなどリラックス。田中には「佑ちゃん」と呼ばれ「恥ずかしさはあります」と照れ笑いを浮かべていた。フリー打撃中に右翼付近で球拾いをしているとちびっ子たちから「斎藤投手~」の声。人気は衰えるところを知らない。

 夕方からは作家・佐山和夫氏による米国野球の歴史などの講演会に出席。「野球誕生の地の話が印象に残りました。アメリカに行ってから、より自分のものになっていけばいいです」とあこがれの地・米国でのプレーに思いをはせていた。28日に最後の調整を行い、29日の朝に出発する。疲れを癒やし、万全の状態で臨む。
(スポーツ報知) - 8月28日8時1分更新
スポンサーサイト
08 : 01 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<MLB各球団、早実・斎藤の獲得に慎重な構え…紳士協定遵守 | ホーム | 斎藤 9・2田中と夢リレー登板も>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/40-e2290234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。