スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃんの目前、早実夏春連覇の夢消える
2006 / 09 / 25 ( Mon )
 早実の夏春連覇の夢が断たれた。今夏の全国高校野球選手権を制した早実が24日、秋季東京都大会ブロック代表決定戦で清瀬に7-8と惜敗した。斎藤佑樹(3年)で大フィーバーとなったが、甲子園決勝で死闘を演じた相手の駒大苫小牧(北海道)に続き、早実も来春のセンバツ出場が絶望的となった。
 最後の追い上げも届かなかった。5-8で迎えた9回裏。2点を返し、なお2死一塁。6番八木秀樹三塁手(1年)の飛球が相手二塁手のグラブに収まると、300名ほどの観客からは、歓声とともにため息が漏れた。
 「ポスト斎藤」不在が露呈した。初回は先発の小沢秀志(2年)が3連続四球に暴投、古山将捕手(2年)の失策と打撃妨害も重なり3失点。3回には1死二、三塁から2点スクイズを決められた。8、9回の失点も失策絡み。打線は7得点と振れていたただけに、和泉実監督(45)は「投手が最後まで決まらないまま、大会に入ってしまった」と敗因に投手力を挙げた。
 外野フェンス裏から斎藤佑樹投手(3年)後藤貴司前主将(3年)ら、今夏甲子園Vメンバーの3年生も試合を見守った。和泉監督は「斎藤たちも1年の時は今日のような負け方をした。その経験をバネとし、今夏の優勝につながった」と新チームの奮起を期待した。試合後、中堅横のスコアボードに新チームのスローガン「昨日よりうまくなる」が掲げられた。選手たちは外野ポール間を5往復した。新チームは敗戦をバネに新たな1歩を踏み出した。【古川真弥】
(日刊スポーツ) - 9月25日10時1分更新
スポンサーサイト
10 : 01 : 00 | 高校野球 秋季大会関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<広島 ロッテ回避で前田1本釣り? | ホーム | ゴジラ以来セ界大戦!巨人、阪神、中日が堂上を1巡目競合>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/369-162de41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。