スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん残念、ヤンキース戦観戦が中止
2006 / 08 / 27 ( Sun )
早実の斎藤(右)は練習を手伝った大学生とカメラに向かって笑顔でVサイン


 早実・斎藤佑樹投手(3年)が楽しみにしていた、29日からの米国遠征中のヤンキースタジアムでの試合観戦が、中止となった。ヤンキース松井秀喜外野手(32)との対面も見送られた。日本高野連が26日、発表した。現地での席の確保が現時点でうまくいかず、報道陣の対応も考慮してのもの。それでも斎藤は全日本選抜合宿2日目のこの日、西宮市の大阪ガスグラウンドで3時間汗を流し、あこがれの地での試合に備えた。
 今回の米国遠征で、斎藤はじめ選手たちが楽しみにしていた29日(日本時間30日)のヤンキース-タイガース戦観戦が、突如中止となった。日本高野連は春から米国の会社を通じチケットを手配していた。だが前日の時点でも席の場所が決まらず、またその状態では、日本から予想以上に多数が取材を希望している報道陣に対応しきれない可能性があるなどとして、見送ることにしたという。「これ以上(ヤ軍に)迷惑はかけられない」と日本高野連としても苦渋の決断だった。
 斎藤は、松井との対面もあるかと心を躍らせていた。将来メジャーを志す斎藤には聞きたいことだらけだった。前日に「外国でプレーすることの大変さや楽しさを聞いてみたい。生活面のことも聞きたい」と話したばかり。だがその対面も、左手首骨折から復帰を目指す松井の体調を考慮して見送ることになった。
 観戦中止発表前にグラウンドを後にした斎藤だったが、練習では精力的に動いた。この日行われた3イニング限定の紅白戦で登板はなかったが、8番右翼で出場。2死三塁から甲子園では見せなかったセーフティーバントを投手横に決め、打点も挙げた。「クリーンアップにはすごい打者がそろっている。小技をやる人が少ないと思ったので」と早くもチーム内での役割を自覚している。
 2つの“味方”も加わった。1つは遠征で使用されるボール。来春から日本の高校野球でも導入される、縫い目が若干高い「国際公認球」だ。「あまり気にはならないけど、変化球は曲がりやすい。スライダーも鋭くなりそう」。もう1つは米国のストライクゾーンで、内角は日本よりボール1つ分、外角は2つ分ほど広いという。「自分のスタイルは崩さないが有利だと思う」と自慢のコントロールもさらに生きる。楽しみは減ったが、あこがれの地で快投する意気込みに変わりはない。【小松正明】
(日刊スポーツ) - 8月27日9時59分更新
スポンサーサイト
09 : 59 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん 松井秀に会えない… | ホーム | 早実・斎藤、世界斬り自信!国際球「縫い目気にならない」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/35-299ddc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。