スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早実・斎藤、世界斬り自信!国際球「縫い目気にならない」
2006 / 08 / 27 ( Sun )
 (高校野球 日本選抜合宿、26日、大阪ガス・今津グラウンド)日本選抜チームの早実・斎藤佑樹投手(18)が、今回初めて使用する国際球に手応えを感じていることが26日、分かった。このチームでも背番号「1」をつける斎藤は、早ければ現地31日(日本時間9月1日)の第1戦に登板予定。将来は五輪、WBCでも「JAPAN」のエースを目指す右腕が、世界へ向けて第1球を投じる。

 米国初上陸を前に“世界”を肌で感じていた。今回の日米親善試合で使われる、縫い目が高く反発力の落ちる国際球。新しいボールを初めて手にした斎藤が、十分な手応えを得た。

 「少し縫い目が粗いかなと思ったけど、あまり気になりませんでした。変化球は曲がりやすかった。スライダーの曲がりも鋭くなりそうです」

 前日25日の初練習ではブルペンで直球のみ18球投げたが、実は捕手を立たせたままカーブを5球投げていた。そのときの感触が、予想以上に良かったのだ。

 この日は、兵庫・西宮市内にある大阪ガスのグラウンドで初の紅白戦。斎藤は白組の『8番・右翼』で出場して二回にセーフティーバントを決めたが、試合で右翼を守ることはたぶんない。気になるのは投球のことだけ。日本と比較して内角にボール1つ、外角は2つ分広いといわれるストライクゾーンを頭に思い描いている。

 「(日本で)これまで見送られていた“ボール球”がストライクになるので有利になりますね」。MAX149キロの速球にスライダー、フォークを武器とする斎藤は「外角低めが生命線」。米国で投球の幅がさらに広がることが、本当にうれしそうだ。

 この使用球、このストライクゾーンなら、念願だった「JAPAN」のユニホームでも快投を披露できる。「日本代表は小さいころからの夢。WBCを見て、よりあこがれを持つようになりました。米国でも(甲子園決勝の)再試合のような投球ができるように頑張ります」

 将来は五輪、WBCでもJAPANのエースを狙う右腕。無限の可能性を持つ18歳が“世界への第1球”を投じようとしている
(サンケイスポーツ) - 8月27日8時3分更新
スポンサーサイト
08 : 03 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん残念、ヤンキース戦観戦が中止 | ホーム | 楽しみだったヤンキース戦の観戦が中止…テレビ局が佑ちゃんに殺到!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/34-1cb287ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。