スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
早実 王先輩に贈る劇的サヨナラV
2006 / 07 / 31 ( Mon )
<日大三・早実>11回サヨナラ安打を放った船橋と抱き合い男泣きするエース斎藤
<日大三・早実>11回サヨナラ安打を放った船橋と抱き合い男泣きするエース斎藤



 王先輩と一緒につかんだ夏切符だ――。第88回全国高校野球選手権大会・西東京大会決勝は30日、早実のエース斎藤佑樹(3年)が221球の熱投で延長11回の末、劇的なサヨナラ勝ち。10年ぶり27度目となる夏の甲子園出場を決めた。同校OBのソフトバンク・王貞治監督(66)は胃がんの摘出手術を受けて神宮球場に近い慶応病院に入院中。後輩たちの奮闘は王先輩にとってこれ以上ない“吉報”となったに違いない。

 <西東京・早実>梅雨明けした神宮の杜に雄叫びが響いた。延長11回、船橋の中前打で劇的なサヨナラ勝ち。アイボリーホワイトにエンジのユニホームが幾重にも歓喜の輪をつくる。拳を突き上げる早実ナイン。この夏の甲子園だけは絶対に譲れなかった。

 神宮球場の左中間後方。目と鼻の先に入院している大先輩、王監督が心の支えだった。11回、221球を1人で投げ抜いた斎藤は「センバツの時はちょうどWBC期間中で王さんの姿に勇気をもらった。だから今度は僕らが元気を与えようとずっと言ってきた。見守ってくださってありがとうございましたと伝えたい」と目を潤ませた。

 かつては王監督も背負った伝統校の背番号1。それを汚すわけにはいかなかった。強打の日大三打線を相手に一歩も引かない。立ち上がりこそ力んで初回に2本の三塁打で2点を奪われた。3回に1点を許したがここからが真骨頂。「低めに投げていれば、絶対仲間が打ってくれると信じていた」。4回以降はエンジン全開。球数が170を超えた9回に自己最速タイとなる149キロをマークした。延長10回には自らの悪送球で勝ち越し点を奪われたが、助けてくれたのは仲間だった。

 1点を追う延長10回の攻撃。1死から代打・神田、川西の連続二塁打で同点。延長11回1死三塁から船橋の劇打で3時間48分の死闘を制した。夏の甲子園が10年ぶり27度目なら、春夏連続出場は荒木大輔投手(現西武投手コーチ)らを擁した82年以来24年ぶりのこと。就任14年目の和泉監督は「今年だけでも勝たせてくれという気持ちだった。ここで勝たないとなんのために…。王さんに後押ししてもらった気がする」。その先は涙で言葉にならなかった。

 斎藤は今センバツ2回戦の関西(岡山)戦、延長15回引き分けの試合で231球を投げた。翌日の再試合こそ制したが、3連投となった準々決勝の横浜戦ではメッタ打ち。スタミナ不足を痛感した。センバツ後は連日200回のスクワット。走り込みなどで徹底的に下半身を鍛えた成果が大一番で出た。

 「きょうは100点。仲間にありがとうと言いたい。甲子園は絶対に優勝する」。試合後、斎藤の涙はもう乾いていた。“王先輩”とともに戦ってつかんだ夏切符。簡単に終わるわけにはいかない。

 ≪船橋が決めた!≫最後に決めたのは船橋だった。延長11回、中前へのサヨナラ打。「最高です。気持ち良かった。斎藤の体力を考えて、絶対自分が決めてやろうと思っていた」。今センバツでも何度も早実の窮地を救った男が夏の甲子園を引き寄せた。センバツでは、延長15回引き分けとなった関西戦で3安打2打点。14回の左翼の守備では超美技で斎藤をもり立てた。翌日の再試合でも1点を追う9回1死一塁から右前打し、右翼手の後逸で一気に逆転のホームを踏んだ。勝負強く頼れる5番打者。和泉監督は「とにかく“狙っていけ”と言った。うまく反応してくれた」と目を細め、船橋は「最後の夏を思いきり楽しみたい」と春に続く活躍を誓った。

 <西東京・日大三 あと1歩及ばず…>春の関東王者の力は示した。しかし西東京初の4年連続出場は、あと1歩届かなかった。あまりに悔しい幕切れ。日大三・小倉監督は「あれだけ選手が頑張っていたのに勝たせてあげられなかった。悔しい。監督の責任です」と唇をかむ。池永主将は号泣しながら「斎藤君を打ち崩す気持ちは強かったけど…」と声を絞り出すように話した。

 同点の9回1死満塁では外野手を含めた出場9人全員がマウンドに集まって鼓舞し合いピンチを脱出。延長10回に勝ち越した。だが、その裏1死二塁から川西の左翼への飛球にダイビングキャッチを試みた岩間のグラブの数センチ先を白球が抜けて同点に追いつかれ、11回に力尽きた。昨秋の東京大会準決勝で早実・斎藤に零敗を喫して以降、ナインの合言葉は「打倒・斎藤」。その思いは届かなかったが、大観衆の拍手は日大三の強さにも向けられていた。
[ 2006年07月31日付 紙面記事 ]
スポンサーサイト
05 : 00 : 00 | 2006夏の甲子園関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<横浜“神奈川枠”で佐藤賢ら獲りだ | ホーム | 早実サヨナラ!10年ぶり夏>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/337-961cad38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。