スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「打倒田中」実らず…智弁和歌山悔し
2006 / 08 / 20 ( Sun )
 第88回全国高校野球選手権大会第14日は19日、甲子園球場で準決勝を行い、智弁和歌山(和歌山)は73年ぶり史上2校目の夏3連覇を目指す駒大苫小牧(南北海道)に4-7で敗れ、決勝進出はならなかった。
 看板の猛打も田中のスライダーにまったく歯が立たず、智弁和歌山ナインは悔し涙に暮れた。
 プロ注目の橋本良平捕手(3年)は「僕らの力が足りなかった。田中君が途中登板して、自分たちのやってきたことを出すときや、とワクワクしたのに…」と肩を落とした。ここまで大会通算4本塁打の広井亮介内野手(3年)は5打数無安打3三振。「スライダーは速くて、最初は全然見えなかった」と力なく話した。
 昨秋、高嶋監督が「田中を打って甲子園で優勝するぞ」とぶち上げ、以来、田中を想定した160キロの直球と130キロのスライダーに合わせたマシン打撃を行ってきた。毎日740スイングをノルマに、優勝した2000年の大会1試合本塁打記録を塗り替えるほどの打線に成長した。
 しかし念願の対戦では4安打10三振。橋本は「マシンと大して変わらなかったが、何(の球種)がくるか絞りきれなかった」と悔やみ「進路はこれから考えるが、次の野球人生で対戦したら打ちたい」と誓った。
(デイリースポーツ) - 8月20日11時16分更新
スポンサーサイト
11 : 16 : 00 | 2006夏の甲子園関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<斎藤178球熱投!4連投で日本一だ | ホーム | よみがえった“荒木2世”斎藤完封>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/289-6b75781f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。