スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
初志貫徹!早実・斎藤が進学表明!今度は神宮で王子になる!
2006 / 09 / 12 ( Tue )
ハンカチ王子は神宮の杜へ-。「プロ志望届は出しません」と、早大に入学して4年後のプロ入りをめざすことになった=撮影・戸加里真司
ハンカチ王子は神宮の杜へ-。
「プロ志望届は出しません」と、早大に入学して
4年後のプロ入りをめざすことになった=撮影・戸加里真司



今夏の甲子園大会で初優勝し、進路が注目されていた早実・斎藤佑樹投手(18)=3年=は11日、東京・国分寺市の同校で記者会見し「プロ志望届は出しません。選手としても人間としても未熟だと思う」と進学する意向を示した。系列校の早大に進むとみられる。甲子園の活躍と端正なルックスから、“ハンカチ王子”の名で旋風を巻き起こした斎藤は、舞台を神宮の杜に移し、4年後のプロ入りを目指す。



クールな投球術を誇る斎藤も、100人を超す報道陣にさすがに緊張を隠せない。しかし、会見場の席につき、姿勢を正すと、視線を真正面に向けた。マイクを通じて聞こえてきた言葉には、少しの迷いもなかった。

「今回、家族、学校関係者と相談した結果、プロ志望届は出しません。大学進学を希望します」

プロ、アマ両球界はもちろん、日本中のファンから注目された斎藤の進路。王子の出した最終結論は大学、つまり早大進学。初志貫徹だった。

斎藤佑樹投手


8日の米国遠征から帰国後、9、10日の週末を使って行われた斎藤家の家族会議は、当初から大学進学という方向で話が進んだという。

そもそも3年前、実家のある群馬から早実進学を志したのは、東京六大学で野球をしたいという気持ちがあったからこそだった。早実という高校の存在を知ったのは、アイドル時代の荒木大輔(現西武投手コーチ)のファンだった母・しづ子さんの影響だ。

当初はしづ子さんも早実ブランドに喜んだものの、中学を卒業したばかりの息子が遠く離れた東京で暮らすことに、反対したこともあった。

しかし、一度決めたら最後まで気持ちを貫き通すのが斎藤の性格。この夏、確かに気持ちはプロに傾いた。甲子園での活躍。3試合に登板し2勝をマークした米国遠征。駒大苫小牧・田中将大投手(3年)らプロ志望の仲間とプレーしたこと、ヤンキース・松井秀喜外野手(32)と夢の対面も果たした。18歳の心は大きく揺れた。それでも最後はやはり、早実に入学した当時からの“初志”を貫徹した。

両親も、そんな斎藤の性格を誰よりも理解していた。10日の家族会議では「ユウキ(佑樹)の意見が一番だよ」と言葉をかけたという。斎藤は黙ってうなずいた。もう心は決まっていた。

斎藤は今後、兵庫国体で高校での野球生活を締めくくる予定。系列校の早大進学はほぼ確実な状況で、王子の活躍の舞台は甲子園から神宮の杜に移ることになる。

多くのプロ選手を輩出してきた東京六大学だが、かつて神宮の杜を沸かせた長嶋茂雄元巨人監督(立大)や江川卓(法大、現野球評論家)のようなスターは不在で、人気は低迷の一途を辿っているのが現状。端正なマスクと実力を兼ね備えた王子は東京六大学の救世主としても期待される。

「野球選手として、人間として、もうひとランク、レベルアップしてからプロに挑戦したい」

狂騒曲に幕を引いた斎藤。王子は4年後、あらためてプロという最高のステージを目指す。

(吉村大佑)


早稲田実業 斎藤


【斎藤に聞く】
斎藤 「今回、家族、学校関係者と相談した結果、プロ志望届は出しません。大学進学を希望します」

―― 決断に至る経緯は

「昨日、家族と話し合いました。今回、米国遠征や甲子園大会という大きな舞台を通じて、さまざまなプロ野球やアメリカ野球への影響を受けましたが、最初から希望していた大学進学の気持ちは変わりませんでした」

―― 家族とはどんな話し合いを

「両親が自分の意志を大切にしてくれることは分かっていた。いろんな意見があったけど、両親が『佑樹の意見が一番だよ』と言ってくれたので、『進学します』と言いました」

―― 学校側には

「今日の朝、学校に来てから佐々木先生(野球部長)に報告しました。それから12時30分ごろ、4時間目が終わった後、校長先生に話しました」

―― 米国遠征でプロに傾かなかったか

「米国で他のチーム(学校)の仲間とプレーし、気持ちは大きく揺らいだが、自分は野球選手としても、人間として未熟だと思っている。プロで通用すると思っていない。遠回りになるかもしれないが、4年間で成長していきたい」

―― プロへのあこがれは

「小さいころからの夢だったのでプロ(希望)は変わらないし、その関係の仕事にかかわれたらと思っている」

―― いまの自分に何が足りないのか

「野球選手、投手として、体を大きくしたい。全体的にレベルアップして、プロに挑戦したい」

―― 大学の魅力は

「野球だけでなく、勉強や人間関係など、すべての面で成長させてくれると思う」

―― 決断を下した今の心境は

「気持ちはかなり揺れ動いたが、大学進学を希望した限りは、それに向かって成長していきたい」

★王監督「正しい選択
事前に進学を勧める発言をしていた早実OBのソフトバンク・王監督も進路決定の一報を受け、球団広報を通じてコメントした。「プロにチャレンジしてほしいという気持ちもあったが、正しい選択だったのではないか。体を鍛えて、次は大学野球という高いレベルの中で活躍してほしいと思います。期待しています」。王監督はこの日、都内の病院から2泊3日の外出許可を受け、午後1時ごろに自宅に帰宅。13日に再び病院に戻る予定だ。

◆早実・和泉実監督
「(斎藤の)入学以来、大学野球を経験した者として話はしてきた。それがアドバイスになったのかもしれない。彼の決めたことを尊重したい。人間の幅を広げるためにも、よい決断だと信じたい」



◆早大・應武篤良監督
「本人、ご両親が素晴らしい考えを示してくれたことに敬意を表したい。4年間、文武両道で学業と野球を両立する気持ちで入学してほしい」



◆早実OBの西武・荒木投手コーチ
「本人が決めたことなので(大学進学選択に)間違いはないと思う。大学でしっかり勉強と野球を頑張り、ひと回り大きくなった斎藤君を見たい」



◆早大OBの阪神・岡田監督
「大学に行った方がいいと思っていた。4年間なんかすぐやで。大学では1年から投げるやろ。(東京)六大学が一番喜んでいるんじゃないかな」



◆巨人・原監督
「本人の意思を尊重します。将来性豊かな投手なので、いい方向にいくことを願っています」



◆楽天・米田球団代表
「(進学は)残念だけど仕方がない。4年後に期待です。ひと回りもふた回りも大きくなって、ドラフトにかかる選手になってもらいたい」



◆ニューヨーク・メッツの大慈弥功環太平洋担当本部長
「現時点でプロに入れば客寄せパンダにされ、十分な練習ができないまま、自分を見失う可能性があった。(大学では)国際大会でメジャー予備軍とも対戦できる」

★今後のスケジュールは
進学を表明した斎藤は、当面、10月1日に初戦(対福知山成美)を控える兵庫国体に向けて、他の3年生らとともに近く練習を再開する。“お勉強モード”に切り替わるのは国体終了後。まず早大進学のための学内試験を受け、11月には学校側に希望する学部を伝える。その後、渡辺重範校長との面接などを経て、来年1月初めに早大合格が正式決定する予定だ。

★“ハンカチ王子”斉藤の進路語録

・「これから考えます」 
 (8月21日、甲子園の決勝再試合で駒大苫小牧に勝って早実初の夏の全国制覇を果たし)

・「最終目標としてメジャーに行きたい気持ちはあります」
 (同22日、東京・国分寺市の母校に凱旋して)

・「WBCを見て、より日本代表にあこがれを持つようになりました。思い切ってプレーしたい」
 (同25日、米国遠征に向け決意表明)

・「自分もここ(米野球殿堂入り)を目指してやっていきたいと思いました」
 (現地時間同30日、クーパーズタウンの野球殿堂博物館を訪れ)

・「(メジャー入団は)小さいころからの夢だったけど現時点では…」 (同31日、米国東部選抜戦に先発。4回無失点、8奪三振の投球内容をヤンキースのスカウトが絶賛)

・「日本に帰ってからじっくり考えたいと思います」
 (同9月4日、米国での最終登板となった米国西部選抜戦後)

・「すごさは感じたし、打者が一塁ベースに全力疾走することに感動しました。メジャーで投げたい? そうですね。将来的には」
 (同5日、エンゼルスタジアムで初の米大リーグ観戦)

・「プロ入り? それも考えています。飛行機の中でいろいろ考えたいと思います」
「自分の意見が一番だし、親もそれに反対することはないと思う。
最後は自分(の意見が最終結論)だと思っています」
 (同6日、帰国前日にプロ入りの可能性について)

★秋季地区大会10・6開幕
日本高野連は11日、秋季地区大会の日程を発表した。10月6日開幕の東北を皮切りに、10月28日からの東海、四国、九州まで全国で10大会が行われる。各地区大会の成績は、来春のセンバツ(甲子園)の出場校を選考する参考資料となる。

スポンサーサイト
05 : 00 : 00 | 斎藤佑樹くん 進路関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<早実・斎藤 4年後日米争奪戦へ | ホーム | 斎藤が「進学」を表明 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/225-1999e08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。