スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん 初志貫徹の早大進学表明
2006 / 09 / 12 ( Tue )
大学進学を表明する早実・斎藤佑樹=東京・国分寺市の同校
大学進学を表明する早実・斎藤佑樹=東京・国分寺市の同校



 早大進学かプロ入りか、卒業後の進路が注目された夏の甲子園V右腕・早実の斎藤佑樹投手(3年)が11日、午後5時から同校で会見を開き、進学の意思を明らかにした。甲子園のヒーローは、次なる舞台を神宮に移し、野球人として飛躍を目指す。
 まばゆいフラッシュにも、動じなかった。斎藤は、愛くるしい瞳を見開いて、はっきりと口にした。「今回、家族、学校関係者と相談した結果、プロ志望届は出しません。大学進学を希望します」。進学かプロ入りかをめぐり、日本中の関心を集めた“狂騒曲”は、早大進学で終結した。
 当初から、斎藤の希望は早大進学だった。故郷の群馬から早実に入学したのも、文武両道の校風にあこがれたのと、早大進学のため。高校では、甲子園優勝を目指す“普通の高校球児”だった。
 しかし今春の選抜を経て、夏の甲子園制覇で大ブレーク。日本中に「ハンカチ王子」旋風を巻き起こした。日米親善野球でも、メジャーの卵たち相手に好投。プロ球団の評価も、怪物と称された駒大苫小牧・田中将大投手(3年)と肩を並べるほどになった。
 心が揺れた。「急に『プロ』という考えも出てはきたんですが…」。しかし「このままプロに行っても、通用するほど甘くない」と自分に厳しい目を向け、最後は早大にあこがれた初心に戻った。日米親善野球から帰国したときには、気持ちを固めていたようだ。
 「気持ちは揺らいだが、ずっと大学進学は常に頭の中にあった。家族との話し合いでも、一番最初に出てきた」。家族会議では「いろんな意見もあったけど、『佑樹の意見が一番だよ』と言ってくれた」と、両親の賛同も得て決着。この日、登校後に佐々木慎一部長、渡辺重範校長に進学の意思を伝えた。
 大学に進んでも、プロは夢であることには変わりない。「大学で野球選手としても、人間としても成長できたらと思いました。まずは投手として体を大きくして、1ランク、2ランク、レベルアップしたい。それからプロに挑戦したい」。王子の活躍の舞台は、甲子園から、大学野球の聖地・神宮へ移る。
(デイリースポーツ) - 9月12日10時44分更新
スポンサーサイト
10 : 44 : 00 | 斎藤佑樹くん 進路関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん効果で早大の志願者増える? | ホーム | 高校野球 来春には「早大・斎藤」誕生か>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/223-e18c6d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。