スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん効果で早大の志願者増える?
2006 / 09 / 12 ( Tue )
 夏の甲子園を制覇した早実の斎藤佑樹投手(18)が11日、大学進学を発表したことで、進学先とみられる早大で来春「佑ちゃんフィーバー」が起きそうだ。抜群の好印象に、女子を中心に志願者が増える可能性が指摘され、大物有名人としては99年の女優広末涼子(26)以来の入学に厳戒警備が敷かれることになりそうだ。地元商店街も大歓迎している。

 地元、大隈通り商店会では早くも歓迎ムード。商店会長の「キッチンブン」の飯田文雄店長は早実卒業生で、斎藤の投げた試合は昨年から観戦していたという。「早大入学大歓迎だよ。和田(毅=ソフトバンク)みたいに早大で鍛えりゃいいんだ。でも、野球部というと最近は人間科学部が多い。寮や練習場が近いからだろうが、この早稲田で学生生活を送ってほしい。佑ちゃんには早稲田にある学部に来てもらえば、優勝パレードもにぎやかになるんじゃないか」と話した。

 第二文学部1年の女子学生は「夏の甲子園を見て感動しました。まだ神宮に6大学リーグの応援は行ったことがありませんが、斎藤君が入学したなら応援に行っちゃいます」。

 早大の志願者数は最近、10万~12万人で推移しているが「佑ちゃん効果」で増える可能性がありそうだ。「大学通信」の安田賢治情報編集部長は「斎藤投手のイメージは非常に良く、女子を中心に来年の志願者数が増える可能性はあると思う。ただ、3万5000円もの受験料を払ってまで、ミーハー的に受験する人が果たしてどれくらいいるだろうかという疑問もある」と分析する。

 最近、早大に入学した大物有名人は99年の広末涼子。安田氏は「広末さんは入学方法をめぐって女子から反感を買った面もあったが、斎藤投手にマイナスイメージは全くない。早大は現在、改革を進めており、難関大人気が高まっている状況でもある。そこに斎藤投手が入学すれば、早大のイメージアップに貢献するでしょうし、6大学にとってもプラス」と続けた。

 広末が初登校した際など、早大は警備を強化した。斎藤の場合、入学時にはさらなるフィーバーも予想される。早大広報課では警備強化について「大学として受け入れを認めているわけではないので、特にコメントすることはない」としつつ「安全管理上やらざるを得ないかもしれない。その時の状況を見て判断する」としている。

[2006年9月12日11時45分 紙面から]ニッカンスポーツ

スポンサーサイト
11 : 45 : 00 | 早稲田大学関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<<野球>王子が選んだ大学野球の世界 「早慶戦」熱気復活か | ホーム | 佑ちゃん 初志貫徹の早大進学表明>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/222-559ac08c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。