スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハンカチ→CM王子は確実…中田所属事務所が獲得意欲
2006 / 09 / 08 ( Fri )
ハンカチ→CM王子は確実…中田所属事務所が獲得意欲


「CM王子」は確実!

 ポスト・ヒデは佑ちゃんだった。早大進学か、プロ野球入りで注目が集まる早実・斎藤佑樹投手(18)ら、高校日本代表が8日、遠征先の米国から帰国した。

 注目の進路については、「じっくり考えます」と言う斎藤。「プロ入り志望届」の提出期限は15日に迫っているが、プロでもアマでもOKなのがサッカーW杯日本代表を引退したヒデこと中田英寿氏の「後釜」のポストだ。中田氏が所属するサニーサイドアップ(SSU)の幹部は「実に興味のある人材です」と、プロ野球の球団以上に獲得に意欲満々。

 ヒデと佑ちゃんの共通点は意外に多い。ともに人前ではめったに歯をみせて笑わないクールさが売り。また学業優秀である点も似ていて、高校時代の成績はトップ10から落ちたことがない中田氏に対して、斎藤も5段階評定で平均4.4。偏差値も70台をキープして群馬・生品中から早実に入学した。

 中田氏がSSUに入ったのも10代の時。その後、現役引退するまでサッカーの年俸を含めて総額100億円以上稼いだ。そのサイドビジネスをあらゆる面でサポートしてきたのがSSUだ。

 斎藤も、プロ入りすればすぐにも「CM王者」になることは濃厚。「仮にハンカチのCMに出たら、すでにイチローやゴジラ松井級のギャラ(1本約8000万円)を出すスポンサーもあるでしょう」(広告業界関係者)という。また、斎藤が早大に進学した場合でも何ら問題はない。水泳の北島康介は、学生時代にSSUと契約し、そのスケジュール管理を任せてきた。

 あとは斎藤の「決断」待ちということになるが、一番楽な道が早大進学。斎藤が尊敬してやまない荒木大輔(現西武投手コーチ)が活躍した時代の早実は、「野球で活躍できても早大進学は100%可能ではなかった。30%の生徒は落ちていました」(関係者)という。しかし今は、本人が希望すれば100%早大進学が可能だ。一方、プロ入りとなれば、どこまで活躍できるかは未知数。甲子園のスター投手がスムーズにプロで活躍している例が少ないことを考えればよくわかる。

 ちなみに中田氏は、高校卒業の18歳の時に、V川崎(現東京V)以外の全クラブからオファーを受けて、プロ入りを決意。そして日本一有名でお金持ちのサッカー選手になった。さて、斎藤は野球界のヒデとなれるかどうか。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

スポンサーサイト
03 : 46 : 43 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最後は自分の意思!斎藤が11日にも進路表明 | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/208-8969ed7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。