スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
駒苫・本間が佑ちゃん救う一打/日米親善
2006 / 09 / 04 ( Mon )
同点劇の口火を切る中前打を放つ駒大苫小牧・本間篤
同点劇の口火を切る中前打を放つ駒大苫小牧・本間篤


<日米親善野球:全日本高校選抜6-6米国西部選抜>◇第3戦◇2日(日本時間3日)◇米カリフォルニア州・ロサンゼルス

 【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)2日(日本時間3日)=白船誠日】全日本高校選抜の米国遠征に参加している駒大苫小牧の本間篤史(3年)が結果を出した。2日(日本時間3日)にロサンゼルスで行われた第3戦(対西部選抜)に「7番中堅」で先発出場。3点ビハインドの9回表無死から中前打を放ち、反撃の口火を切った。1死満塁から早実・船橋の2点適時打と相手失策で同点に追いつき「最後に塁に出られて、よかったです」と土壇場の粘り腰を発揮した。

 駒大苫小牧の「NO・1ポーズ」が引き金となった。最終回の攻撃を前に円陣を組み、メンバー18人がロサンゼルスの青空に人さし指を突き上げた。八重山商工・金城の発案だった。前の打席まで11打数3安打3三振と不振の本間が息を吹き返した。夏の甲子園決勝で死闘を繰り広げ、互いのTシャツを交換した早実・斎藤の黒星を消した。

 中沢竜也(3年)はこの日、代打で見逃し三振に終わった。「最後の球はボールかな、と。外が広いと感じました」。初回に大飛球を好捕した本間は「守っていても打球が全然速かった」とメジャー仕様の野球に戸惑いを隠さなかった。残り2戦。駒大苫小牧コンビが高校ジャパンの勝利に貢献する。
(日刊スポーツ) - 9月4日10時1分更新
スポンサーサイト
10 : 01 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高校野球 斎藤投手の青いハンカチ…株式市場にも波及効果 | ホーム | 駒苫・田中、ジャパンの守護神/日米親善>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/199-836f8c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。