スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃん帰国「大きなもの得た」
2006 / 09 / 08 ( Fri )
米遠征から帰国し解団式に臨む斎藤(左)と田中。今日はハンカチはなし?(撮影・宮崎幸一)


 高校野球の全日本選抜チームが8日、遠征先の米国から関西空港着の航空機で帰国した。夏の甲子園大会で優勝し、米国でも3試合に登板した早実・斎藤佑樹投手(3年)は「大きなものを得た感じです。楽しくて、生涯忘れられない経験になりました」と振り返った。また、今月末からは国体が控えており「帰ってすぐに練習したい」と語った。

 斎藤らの人気、注目度の高さを示すように、空港では約600人ものファンが出迎えた。

 早大進学かプロ入りか、注目の進路については今後、家族との話し合いを経て決めることになる。プロ志望届の提出期限が15日に迫っており、まだまだファンの関心、注目は続きそうだ。

 また、米遠征中5試合すべてに抑えとして登板した駒大苫小牧・田中将大投手(3年)は「短いイニングを全力で投げるのは自分の投球スタイルに合っている。自信になりました」と収穫を口にしていた。

[2006年9月8日21時46分]

スポンサーサイト
21 : 46 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<笑顔で会見する斎藤、田中ら | ホーム | 早実・斎藤ら米国遠征から笑顔で帰国 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/160-1f7fb25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。