スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佑ちゃんで有終の美、最終戦に全力
2006 / 09 / 05 ( Tue )
試合前、ベンチでおにぎりを食べる斎藤(撮影・田崎高広)


 佑ちゃんが満を持して有終の美を飾る。日米親善野球第4戦で出番のなかった斎藤佑樹投手(3年)は3日の試合終盤、強い日差しの照りつけるUSCデドーフィールドのブルペンに入り、31球の投球練習を行った。直球にスライダーなど変化球を交え、心地よい汗をかいた。
 4失点KOで途中降板した第3戦の反省を生かす。高校ジャパンのエースとして「自分の生命線である低めの真っすぐをコースにきっちりと投げたい」と修正点を胸に秘める。和泉監督は「(最終戦は)総力戦になります。昨日は疲れていたけど、雰囲気や環境になじみ、明日はやってくれるでしょう」と暗にエースの先発を示唆した。
 2日夜の交歓会で米国西部選抜ナインと交流を深めた。「英語で頑張りました。結構みんなフレンドリーでした」。さらに第4戦の試合前、外野で打撃練習の守備を務めていると、タマシロら将来のメジャー予備軍たちから握手を求められ、片言の英語と身ぶり手ぶりで野球談議? に花を咲かせた。野球が共通語になっていた。
 子供のころから「メジャー入り」が夢だった。野球発祥の地で3度、先発のマウンドに上がる斎藤は「負けたくない。完封するつもりで、自分のピッチングをします」と意気込む。勝てば、全日本選抜の勝ち越しが決まる。

[ 9月5日 10時6分 更新 ] 日刊スポーツ
スポンサーサイト
10 : 06 : 00 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<北の怪物田中が大勝演出/日米親善 | ホーム | 斎藤、田中のリレーで最終戦飾る >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/147-43cc20f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。