スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハンカチ王子、駒苫田中…どちらがメジャー向き?
2006 / 08 / 31 ( Thu )
甲子園のライバル少~しリード

親善試合を翌日に控え、室内練習場で身体をほぐす斎藤(AP)


 【クーパーズタウン=久保木善浩】米遠征中の全日本高校選抜チームの斎藤佑樹投手(早実)と田中将大投手(駒苫)。あす31日から日米親善試合に出場する2人の投手は果たしてどちらがメジャー向きか?

 チームは30日、午前10時20分からニューヨーク近郊の球場で渡米後初の練習を行った。斎藤はブルペンで約40球、田中は約50球を投げ込んだ。一行は練習後、バスで約4時間かけて、試合会場があるクーパーズタウンへと向かった。

 ところで昨29日、ヤンキースタジアムで球児たちを前に挨拶した松井秀喜選手を見た選抜チーム同行の関係者は「さすが松井選手。堂々としている」と感心しきりで、さらにこう続けた。

 「テレビで見るメジャーリーガーたちは皆、堂々と話す。松井選手は高校のときからハキハキしていた。田中君はいつも堂々とした態度だから、こちらに来ても負けないだろう。斎藤君はもう少し大きな声で話した方がいいね。もっともクールな雰囲気が彼の持ち味だけど」

 メジャーリーガーは注目度も高く、取材も多い。松井は毎試合後に欠かさず会見を開いてきた。またイチローもWBCではリーダーとしての地位を築いた。

 では斎藤と田中はどうか。「松井と対戦してみたいか?」の問いに、田中が「その時には自分の持っている力を出せればいい」と答えたのに対し、斎藤は「そんなには…」。投球スタイルと同じく、田中の方に粗削りな迫力がある。

 とはいえ、斎藤は「ここ(ヤンキースタジアム)で投げてみたい、とは思いました」というなど、メジャーへの夢はある。「人間として偉大な人」と尊敬してきた松井の姿勢を参考にすれば、メジャーへの道もさらに1歩前進するはずだ。

スポンサーサイト
17 : 43 : 14 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<斉藤「自分もココに」米野球殿堂博物館見学 | ホーム | 斎藤、あした登板もOK-練習後は野球殿堂を見学>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/120-55a47fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。