スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
都庁が“佑ちゃん色”に染まった!
2006 / 08 / 25 ( Fri )
石原知事と握手する斎藤佑樹投手

夏の甲子園で初の全国制覇を果たした西東京代表の早実ナインが24日、石原慎太郎東京都知事(73)への優勝報告のため都庁を訪れた。国民的アイドルとなったエース・斎藤佑樹投手(3年)ら選手19人の到着に、ファンが殺到するなど、“佑ちゃん狂騒曲”はとどまるところを知らないようだ。
 “佑ちゃんフィーバー”は都庁をものみ込んだ。一般ファン、都庁職員約300人が待ち受ける中、午後2時に早実ナインが到着すると、上階の渡り廊下にも大勢の職員が押し寄せた。さわやかな制服姿に優勝メダルを掛けた斎藤の姿に、黄色い声援と拍手がわき起こり周囲は騒然だ。
 優勝盾を持って登場した報告会でも斎藤は注目を集めた。知事へのあいさつでは緊張気味に「選手権、甲子園という球場は自分たちを大きく成長させてくれました」。ビシッと決めたかと思われたが「早実の一員としてひたむきに…普通に生活をしたいと思います」。思わず本音?もポロリで、周囲の笑いを誘った。
 そんな佑ちゃんを和ませたのは「実は高校野球に熱心じゃない」と告白した石原都知事。その知事も「準決勝からウッカリ見てしまって、目が離せなくなった。テレビで見た顔ばかりで心がときめく思い」と上機嫌だ。
 「死んだ弟は野球が好きだった」。実弟の“裕ちゃん”石原裕次郎と斎藤が重なった…かどうかは定かではないが、記念撮影前には知事自らが歩み寄りガッチリと握手。1人で投げ抜いた右腕に触れ「やっぱりスゴイなぁ」と感心しきり。これには斎藤も「ありがとうございます」と笑顔を見せた。
 記念撮影では石原都知事の左隣に座りVサインで笑顔。和やかな雰囲気で報告会は終了した。その後の都議会への報告会では、男性議員から「ハンカチ持ってる?」と聞かれ「持ってないです」と照れ笑いする一幕も。すっかりトレードマークになった青いハンドタオルだが、この日は持参していなかったようだ。
 喧噪(けんそう)から逃れ、前日は“雲隠れ”。群馬・太田市の実家にも戻らず、静養に努めた。25日には日米親善試合の合宿のため大阪入りする。まだまだ気の休まるヒマはない。帰りも約200人のファンが待ち受けたが、ナインは裏口からバスに乗り都庁を後に。追っかけの女子高生だけでなく、オバ様たちも「イジワルね」と悔しがらせる“佑ちゃんフィーバー”は、しばらく続きそうだ。
(デイリースポーツ) - 8月25日10時56分更新

スポンサーサイト
10 : 56 : 00 | 斎藤佑樹くん NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<竜も堂上!“竜虎場外バトル”勃発 | ホーム | 横浜 早実・斎藤をリストアップ スカウト会議>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/12-336d5dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。