スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ハンカチ王子、松井と対面…メジャー心得伝授!?
2006 / 08 / 30 ( Wed )
ヤンキースタジアム偶然のご対面「びっくりした」

【ニューヨーク=久保木善浩】ハンカチ王子とゴジラの初対面だ! 米国入りした全日本高校選抜チームは29日、ヤンキースタジアムを訪れて球場内を見学。リハビリのため早めに球場入りしていた松井秀喜外野手と対面を果たした。ゴジラの登場は予定外だっただけに、早稲田実の斎藤佑樹投手は「びっくりした。松井選手は偉大な人」とすっかり感激した様子だ。

 一行のヤンキース戦観戦は報道陣の取材申請が殺到し、混乱を避けるために日程から外された、はずだった。しかし、「せっかくだから歴史ある球場を見せたい」と高野連側が配慮。スタジアムツアーへの参加という形で訪問が実現した。

 午前11時半に空港に到着すると、バスでスタジアムへ直行。午後1時過ぎからツアーに加わり、左中間のモニュメント・パークではベーブ・ルースのレリーフ前で記念撮影、3階の記者席、一塁側ベンチを見学する。そして18人の選手がベンチに腰かけ、斎藤は駒大苫小牧の田中将大投手と隣り合わせで座った。

 そのときだ。リハビリのため球場入りした直後の松井がベンチに姿を見せた。スタジアム見学も予定外なら、松井の登場も“ハプニング”。選手たちは「オーッ」とどよめき、拍手がわき起こったが「いつもにはない緊張した顔つき」(和泉実監督)。松井が前に進み出てあいさつを始めると、食い入るように見つめた。

 「僕も10何年か前に出させていただいて、素晴らしい思い出として残っています。自分なりの目標、夢を持って常に自分の足元を見つめながら頑張ってほしいと思います。今日プレーを見せられないのが非常に残念です」

 18人の選手全員が松井と握手を交わした後、質問タイムでは斎藤が「アメリカに来て大変なことは何ですか?」と問いかけ、松井は「文化、習慣、食事、言葉も違うし、慣れるまでには時間がかかる。逆にそういうことを楽しく感じられれば、僕は前向きに楽しむことができましたし」。松井が話し終わると、斎藤はやや緊張した様子でペコリと頭を下げた。

グラウンド・ゼロを訪れた斎藤。ハンカチ王子の登場はニューヨークでも注目の的(撮影・春名中)



 斎藤は「いきなりだったんで、びっくりしたのが一番です」と松井との対面に驚いた様子だ。

 「威圧感というか、オーラの中にもやさしさが感じられてすごい人だな、と思いました。松井選手を尊敬してきて、人間として偉大な人だと感じていました。実際に会って話してみても同じ印象です」

 また、田中も「じかに見てみたらガッチリしていて、デカいな~という印象でした。人間的にもいい人だと思うので、大人の社会に出てからああいう人物になれればいいと思いました」と、生の松井を見て感激していた。

 ところで、斎藤の印象について松井は、「まじめで野球に対してまっすぐ取り組んでいる感じ。ハンカチ王子といわれるだけあって、顔も端正だったね。オレの高校時代とはえらい違いだったよ。王子と呼ばれたかった? いいねえ。オレもハンカチを使っていたらそう呼ばれたかもね」と苦笑した。もちろん野球は顔でプレーするわけでは、ないが…。

スポンサーサイト
17 : 32 : 51 | 日米選抜野球関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佑ちゃん4回無失点 8奪三振 | ホーム | 高校野球全日本チームが松井秀と対面 斎藤、田中ら>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memolife.blog17.fc2.com/tb.php/117-88b968a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。